フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

お気に入り

2007.09.19

突然唄いたくなる歌♪

皆さんにも そんな歌ってありませんか?

私の場合、なぜかそれは

侍ジャイアンツの主題歌

なんでだろう?
すんごく落ち込んだとき、 忙しくて頭がぐちゃぐちゃになってるとき、
楽しいとき、うれしいとき。
なぜか車の中で「ズンタッタター、ズンタッター♪」 と唄ってる自分がいます(笑)

特にジャイアンツが好きというワケではないのですが、 幼少の頃、かじりつくようにこのアニメを見た記憶があります。
時は川上ジャイアンツの時代。
もちろん、長嶋名誉監督や王監督も現役選手として登場します。
主人公の名は番場蛮。
エビぞり回転投法とか、ほとんどボーク(笑)な投げ方で、 打者を打ち取るお話。
そんな元気な主人公の姿が頭にすり込まれているのと、 とある体験からこの歌を気に入ってしまったようです。

というのは、数年前JCの事業で、 あのアニソン界の帝王こと水木一郎氏をお招きしたことがありまして。
その夜の接待の席で、 なんとご本人自ら唄っていただいたのがこの曲。
とてもとても感激したのを覚えています。

そんなこんなでズンッタッター。
今日も大仕事を終えたところなんで、 またこの歌が出てきちゃいそうです。

※ちなみに今、 インターネットTVのGyaoでこの作品が観れます。
 もちろん無料です。

2007.04.11

PELIKANO JUNIOR

人それぞれ、色んなこだわりがありますよね。
持ち物や服、髪型、音楽、趣味、色遣いや形等々。
それがその人の人格と相まって個性というものになります。
まあ、そんなワケで私も自分の人と成りを理解して頂こうかと、 新たに「お気に入り」というカテゴリーを作ってみました。
主にグッズ中心になるかと思いますが、どうか私のこだわりを見てやってください。

さて、今日ご紹介するお気に入りは万年筆 「PELIKANO JUNIOR
昔っから万年筆欲しかったんですよねー。
北方謙三なんかが、葉巻くわえて原稿用紙に使い込んだ万年筆でサラサラ~って文字を繰り出す姿に憧れたもんです。
でも、モンブランとパーカーなんかン万円もして、とても手が出ない。
なんで、なまえペン(爆)とかプラマンなんかを代用品にしてたんですが、 どうもあの独特の書き味が出ない!
そもそも何で万年筆にこだわるかというと、自分は筆圧が強くて丸文字傾向なんですよ。
これが、ボールペンとかだとへたくそな字にしか見えないんですが、万年筆を使うとアラ不思議!そこそこ味わい深い字になるんですな。決してうまくは見えませんが。
そんなこんなで「欲しいなー万年筆」と十数年間思い続けてたんですが、筆記用具に万金使う気にもなれず悶々としてたのであります。
オールウェイズ三丁目の夕日状態ですな。

そんなある日のこと、仙台ロフトを徘徊してましたら発見したのがコレなのです。
お値段なんと1260円也!
この万年筆はドイツのメーカーであるPELIKAN社が、自国のお子様が初めて使う万年筆として開発された物で、値段も安価で書き味も抜群!
さらに正しい持ち方が出来るようグリップにはガイドっぽい仕掛けがあって疲れません。
少々チープっぽいプラスティックボディも、考えようによってはキッチュでCool。
難点と言えば石巻市内では替えのインクが見つからない事ですが、 仙台等へ行った際にまとめ買いしとけば問題ないでしょう。
字をP4110010 書くことすら楽しみたい! そんな欲張り屋さんにはお薦めの一品です。