フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

仕事

2010.02.05

ああ、やっぱり…

昨夜、給与計算しながらテレビをつけていたら、NHKに知り合いの会社が出てきました。
経済番組っぽい内容だったんですが(番組名不詳)、いきなり知人である社長さんが
どアップで登場!
思わず飲んだコーヒーが吹き出てキーボードがベタベタに(笑)
コーヒーって何回吹いてもベタベタするんですよねー。
あの、キーを打つ度に指先にくっついてくる感触がイヤ!
っていう話はどうでもいいんで、テレビの話題に戻ります…。

内容は、中国に進出した会社を追ったルポ的なもの。
その社長さんとこは某製造業なんですが、国内での著しい受注の減少から、会社の活路を中国に求め、その様子を追っていました。
中国に工場を構え、幹部社員を移住させ、そして中国人の従業員を雇用する。
国内生産に比べ中国で製造した方が、原価を25分の1に抑えられるというから驚き。
そして、海外での受注が相次ぎ売上も飛躍的に伸びているそうです。

おとといの記事に「日本から海外に拠点に移すモノづくり企業が増えるのでは?」という話を書いたところでしたが、まさか身近なところで起きているとは!
件の会社は、本社こそ国内にありますが、製造規模においては中国工場の方が国内本社を遥かに凌駕しているそうです。
一方で、本社とはどうあるべきか、そんな悩みも抱えているようで。

んんーーーーーー、なんとも考えさせられます。

あくまでも日本にこだわり、国内でモノづくりを目指す若者を育てつつ会社を続けていくべきか、それとも「これから」に賭けて海外に活路を見いだすか。

モノづくり企業は、いま岐路に立たされているのかもしれません。

ちなみに弊社は…業種的に海外展開は難しいので国内で頑張りまーーーす!

2010.02.04

弥生給与と13年

明日は弊社の給料日。
これから社員の日報をまとめて給与計算です。
思えば、前の勤務先でも、その前の勤務先でも給与計算をやってましたから、おおよそ社会人になってから殆ど毎月給与計算をしてることになります。

今では給与計算もPCのソフトでやるから、今から計算しても充分間に合うんですが、昔々は…。
毎月毎月、賃金台帳を書き込んで、社会保険、雇用保険、所得税の料額表をとっかえひっかえしながら計算したものでした。
出来上がったらそれを給与明細に転記して、さらに元帳へ記帳と、今思えば気が遠くなる作業。
我ながら良くやってました。

さて、現在私が愛用しているソフトはこれ。

弥生給与です。
もうかれこれ13年のお付き合い。
少々お値段が張りますが、各社、各社員の実情に合わせた個別設定を細かく出来る秀逸なソフトです。
また、年間サポート契約をすると、毎年ニューバージョンが無償提供される他、法改正にも即時対応した修正版が送られてくるので、その辺のうっかりミスは皆無になります。
そして、なによりも年末調整が楽ちん。
個別の徴収票から国税、市税への届け出書類も自動計算で印刷してくれます。

…と、弥生給与の宣伝みたいになってしまいましたが、まあ昔に比べたらそれだけ楽になったということです。

ちなみに、このソフトを販売しているのは弥生株式会社。
時折オーナー企業が変わったり、一時はライブドア傘下になったりと、そうとう紆余曲折を経ています。
にも関わらず、こうして一本筋の通った製品を作り続けられるのはスゴイと思います。
「ものが良ければ会社はどうあっても生きていける」
これはとあるセミナーで聞いた言葉なんですが、まさにそれを具現化している会社です。
弥生株式会社、ちょっと気になる企業です。

2010.02.03

消えゆく「ものづくり行政」の灯

いやはや大変な事になってしまいました。
本日、宮城県職業能力開発協会から1通の書簡が届きました。


「ものづくり立国の推進事業」事業終了のお知らせ

厚生労働省から委託され平成9年度から実施してまいりました、高度熟練技能者の認定や活用等の標記事業について、今年度末(平成22年3月31日)をもって終了となりましたのでお知らせ致します。

一体どういうことなのでしょうか?
高度熟練技能者とは、中央職業能力開発協会が厚労省からの委託で実施してきた事業で、「継承すべき優れた熟練技能を有した職人を高度熟練技能者として認定し、また、その認定者の協力を得ながら次世代へ技術を継承していく」ものです。
弊社ではこれまで溶接技術で3名の認定頂きました。
言わば、宮富士工業にとっては金看板なわけです。
もちろん、認定者の名刺にもしっかりと「JAVADA高度熟練技能者」と記載しています。 職人にとっては、卓越技能者表彰と並んで最高峰の技術を有する者の称号に等しいのです。
それがなくなってしまうのです。
じゃあ、今までこれを目指して頑張ってきた職人さんはどうしたらいいんでしょうか?
努力の末、認定を得てきた人達の栄誉は無くなってしまうのでしょうか?
また、認定者の活用として、高等学校の生徒や教職員に対する技術指導というのもありましたが、それも無くなるということです。
これは、弊社も積極的に取り組んできただけに残念です。

現時点では、情報が収集しきれていないので断定的な事は言えませんが、もしかして例の「事業仕分け」が原因なのでしょうか??

先日記事に挙げた「クラフトマン21」の終了もさることながら、どんどん「ものづくり」に対する国の支援事業が削減されています。
一方、代替え事業はこれと言って見あたりません。
高度経済成長期から日本の根幹を支えて来た「ものづくり」。
しかし、それは今の日本にとって重要施策ではなくなってしまったのでしょうか?

こういった状況が続くと、力のある「ものづくり企業」は、次々と海外へ拠点を移してしまうかもしれません。
本当に、本当に残念なことです。
一刻も早い事業の復活、もしくは代替え案が出されることを望みます。

2010.02.02

宮城県溶接競技会 優勝!!!!

というわけで、平成21年度宮城県溶接技術競技会(昨年10月実施)の審査結果が本日発表になり…

弊社社員 千葉 健 君 が見事優勝です!!!!!

3年ぶりの首位奪還。感無量です。
弊社としては6度目の優勝。
社内における優勝経験者はこれで3名となりました。

今大会、弊社が参戦している「第一部 半自動溶接の部(上級)」には、37名もの選手が名を連ねる大混戦。
もちろん、弊社よりも何十倍もの社員を抱える大手企業がズラリ。
そんな中、千葉君は2位に大差をつけてぶっちぎりの優勝です。おめでとーーー!
常に安定した技術を披露してくれる千葉君。
10月に滋賀県で開催される全国大会が今から楽しみです。

2010.02.01

飛び込み仕事とJCの関係性

プラント設備の仕事をやってると、時折「飛び込み仕事」ってやつが発生します。
先日も他社が納品時にNGとなった製品の修正、という仕事が入ってきました。
結構な数です…。
納期1日です…。
んでもって、この製品って、うちも見積もって取れなかった仕事なんですが…。
まあ普通なら笑顔でお断りしたいとこなんですが、実際困っている方を目の前にするとついつい…。
根っからのお人好し工場なもんで(笑)
というわけで、お引き受けしちゃいました。
実際、始めて見ると「あそこも、ここも」と修正箇所が増えてきます。
ええーーーっと、終わるんでしょうか、これ、今日中に(笑)
社員総出で取りかかり、なんとなく本日未明には終わりそうな予感。
で、こんどはトラック手配。
「何時になるか分からないんですが、10t車3台お願いします!」
普通はこんなオーダー、受けてくれませんよ、運送会社は。
けれども、そこは常日頃のお付き合い。
製品の半数を協力会社に手伝ってもらい、19時頃に終了。
トラックも到着。
丁寧に積込み、製品は翌日無事に搬入されました。
良かった、良かった!

こんな時思うのは「いや~、つくづくJCやってて良かったなー」と。
なぜJCって??
JC(青年会議所)では、様々なイベントを企画運営します。
川開き祭り、サンファン祭り、子供達の育成事業等々。
こういうイベントって、どんなに綿密に準備しても、突発の出来事が起きちゃうんです。
その度「どうしうよう??」→「こうしよう!!」を繰り返すもんだから、度胸が据わるのと、柔軟に対応していく頭が出来上がるんです。
ま、これも一種のトレーニングですな。
だから、仕事でこんな事が起きても何とかやっていけるんだと思う。
心臓に悪いですけどね(笑)
ただし“ちまっ”とした事業では鍛えられませんヨ!! 現役諸君!!
自分を育てたいなら、出来る範囲の事業じゃムリムリ。
荒唐無稽な、壮大な事業をやりましょう!

さてさて、そう言えば件の製品、客先からOKは出たんでしょうか??
えーーっと、○○○さん、連絡くださーーーい。
もうやらないよー(笑)

2010.01.28

頑張れ受講生!

昨日の話になっちゃいますが、ニッセイ懇話会終了後は急ぎ石巻経理学校へ。
職業訓練コースの講師をやってきました。
これも引き受けてから、かれこれ足掛け6年になります。
我ながら、よくまー毎回同じ話が出来るもんだと感心しますが(笑)、受講生の真剣な眼差しに、その都度新鮮な気分にさせてもらってます。
話す内容は、職場のマナーやルールといったカテゴリーに入るのですが、自分自身そういうセミナーを聞いて楽しいと思ったことがないので、自分の華麗なる(笑)職歴やそこでの体験談、そしてJCなどで培ってきた夢を実現していく方法などを交え、なるべく楽しく聞いてもらえるよう工夫しながらやっています。
で、毎回数日後に受講生からの感想文を頂戴しています。
皆さん丁寧な直筆で率直な思いが書いてあります。
時には悩みや自分の置かれている状況なども…。
つくづく「色んな人生があるんだなー」と感じ入ります。
齢59歳にして、新天地を求め不慣れなパソコンを学ぼうとするお父さん。
入院生活から社会復帰を目指す方。
2児のお子さんを抱えながリストラにあったシングルマザーさん。
諸般の事情で今まで就職したことがなかった20代の若者。
それでも皆さん、新しい自分を踏み出そうとこの職業訓練を受講しています。
本当に、本当に自分は何の役にも立てませんが、心から頑張って欲しいと思います。

現在、国や県では積極的に学ぼうとする方のために、様々なメニューを用意しています。
仕事を探されている皆さん、どうか自分を諦めずに、一度こうした講座の扉を叩いてみませんか?
中には職場実習を通して、その後雇っていただけるケースもありますよ。
ワンランクアップの自分になって新しい仕事に就けるチャンスです!

2010.01.27

ニッセイのオバチャン今日もまた~♪

本日は日本生命の『ニッセイ懇話会』に出席してきました。
これは、各支社毎に実施する地域版総代会の様なもので、契約者のナマの声を聞き、経営に活かしていこうという、相互会社ならではの行事です。
で、記憶が正しければ、今までかれこれ4~5回ぐらい出席しているかと。
ま、支社からのご指名なので遠慮無く参加させていただいておりますが(汗

冒頭、岡本社長のビデオメッセージを視聴。
続いて、わざわざお越し頂いた金森専務から業績などについてお聞きしました。
細かいデータは社外秘でしょうから割愛しますが、どこも大変ですね。
そんな中にあって、海外に活路を見いだすのは自然な流れ。
いよいよ保険業界もグローバル化していくのですね。

さて、その後は参加者からの質問や意見交換になるわけですが、今回はCMの話が結構出てました。
折しも、ネコとアヒルの某外資系保険会社のCMがブーム。
金森専務曰く「ああいうCMは作れないのか?と、良く言われる」そうです(笑)
まあ、確かに最近のニッセイのCMってどうかなー??と疑問符はつきます。
例えば、訪問活動をPRするCMでは、リアリティを出そうとして、無名のモデルさんをニッセイの営業さんに見立てたものなんかがありますが、私からすると逆にそれがリアリティ がないように感じられ。
だってねー、うちの会社にああいうお姉さんは来ないもの(笑)
実際にやって来るのは、ゆかいなオバチャンです!
けれども、仕事は一生懸命で、当社創業以来の長い長いお付き合いです。
やっぱりニッセイの強みって、こういう営業さんが沢山いることなんじゃないですか。
人と人との繋がりが希薄になりつつある今、これは大切なことです。
で、考えたんですが、ニッセイと言えばあのCM!
「ニッセイのオバチャン」をリメイクしたらどうかと。
恐らく40代以上の人はみんな知ってますよね。

これ、いいと思うんだけどなー。
歌は「ゆず」にリメイクしてもらって♪
…という話を専務に申し上げましたが、果たしてどうなるか!?
ホントに実現したら面白いですね。
っていうか、こういう戯言を真剣に聞いていただけるニッセイさんの度量の大きさってスゴイです。

2010.01.22

第1回 県北・石巻 次世代ビジネスフェア

今夜は、石巻しんきん経営塾がありました。
お題は「次世代ビジネスフェア」開催に向けて。
そもそも経営塾には、各グループ(交流、視察、研修)のリーダーと運営委員長とで構成する運営会議という、平たく言えば役員会みたいなのがあります。
そこでは、経営塾の運営方針やら行事などを決めていくのですが、かねてから「何か面白いことやりたいねーー」という話は出ていました。
その中から生まれたのがこの企画。
交流グループ・熊倉リーダー(東北プランニング社長)肝いりの事業です。
塾生企業43社が石巻グランドホテルに集結、それぞれの会社をPRしようというもの。
塾生にとっては、自社PRの機会を得られるだけでなく、これまで広告やPRを得意としなかった方も、同じく塾生であるメディア関連企業の方から指導を受けられるという勉強のチャンスでもあります。
実は石巻では異業種が一同に会すビジネスフェア的なイベントってないんですよね。
そういう意味では、地域にとっても活気づく一つの契機になるんではないでしょうか。
開催日は2月17日(水) 10:00~16:00
当日は同会場で石巻フード見本市も開催されています。
どちらも一般の方も入場できますので、石巻の経済界の底力を是非肌で感じ取ってください!
経営塾の方は、昨夜の説明会を受けて、これから各企業の準備が始まります。
今後の動きもここで紹介していきたいと思います。
というわけで、急遽の企画にも関わらず仕事の早い熊倉さん、もうチラシが出来ちゃってますので、掲載しときます。

bizchirashi  
クリックすると、でっかくなります

2010.01.15

養殖経済 その2

別にもったいぶるわけじゃないんですが(ただ単に時間がなかっただけでして)、養殖経済の続きです。
要するに大企業の誘致が適わなければ、地場企業をそこそこに育てればいい、という話です。
前にも書いたかもしれませんが、例えば我々の業界、鉄工場はタウンページの検索で150社も表示されます。
それぞれの頑張りで、これだけ不況にも関わらず、どこかが立ち行かなくなったと言う話はここ何年聞いていません。
(でも不況になると、必ずニュースの背景映像は鉄工場なんですけどネ)
そして、3K職種と言われても、ナント、各社後継者が豊富です。
これだけ底力のある業界にも関わらず、実はその経営実態は10年前とそれほど変わりません。
工場の広さはもとより、設計マンの数、職人数、そして品質管理面…。
これらの拡充、スキルアップを果たせば、必ず仕事はやってきます。
ウソじゃないです。
実際、先日も驚くような物量のプラントが引き受け手の無いまま宙ぶらりんになっていた、という事例に出くわしています。
今の発注形態は、従前のような
発注元 → プラント商社 → 一次製造者(中堅工場) → 二次製造者(町工場)
と言う図式から、発注元 → 町工場 と、いきなりな展開になっています。
中間マージンを割愛すれば安く済む、当たり前の論理です。
では、今までなぜそうならなかったのか?
例えばプラントの場合、発注元から出てくる図面は概念図的なものであり、これを職人が作るには「製作図」という、より具体的な指示のある図面を書く必要があります。
一方、末端で製造する町工場には設計者がいない場合があります。
そこで間にあるプラント商社なり中堅工場が、製作図を書いたり製品の搬入スケジュールを決めたり、あるいは品質管理を行ったりしてきたわけです。
ですが、前述の通り、コストダウンの為に発注形態が変わり、それぞれの役割も変わりつつあります。
発注元は、これまでより踏み込んでやることが増えます。
自社の傘下で製造をしてくれる工場を探すこと。
その工場のスキルをあげ、なおかつスケジューリングや品質チェックなども自分達でやらなければなりません。
実はこの辺、最近の大手メーカーさんはキチンと対応しています。
ところが町工場側の方が…。
そこでです!
コストを抑えつつ発注側の要求に応えるために、各工場の協業化なり経営統合という手法が有効ではないか、と考えているのです。
今まで各工場に一人の設計マンが5社集まれば5人になります。
10人ずつの職人が50人。
さすがに社長は5人から1人になってしまいますが、そんなこといってる場合じゃありません。生きていくためです! 4人は部長職に就いてもらいましょう(笑)
そうすることにより、俄然ビジネスチャンスが生まれてくるはず…なんですが、ただ集まっても意味はありません。
管理方や設計者、職人のスキルアップはどうやる??
人数だけ集まっても工場が小さければ、でっかいプラントは作れないよー??
これらを解消できるのが業界団体であり行政なのです。
協業化や経営統合に向けて意欲的な工場を集め、行政や業界がスキルアップの機会を持ち、勉強させていくのが第一段階。
続いて、各工場の借入金等を整理するための公的扶助。
最終段階は、職業訓練施設、研究施設を併設した公共マシニングセンター(大きな工場)を整備し、統合させる。
これでコンプリートです!
これで、間違いなく仕事は来ます!
当然利益が出る体質に替えたわけですから、やがては行政側も投資した分を税収という形で回収できるということになります。
キャー、みんなハッピー!

以上が、私の考える養殖経済というものです。
ま、初夢程度のお話ですが、ご参考までに~~。

2010.01.14

養殖経済 その1

いま、宮城県はセントラル自動車株式会社の本社移転で沸きに沸いています。
新しい高速インターの開設や社員さん受入のための住宅地造成等々、県全体が一丸となって「ようこそ宮城へ!」とホスピタリティーを発揮しています。
そして、建設工事や部品供給を目指して産業界も活気づいています。
しかし、大衡村から遠く離れた石巻には、なかなかその恩恵が伝わらず…。
まあ、それはそれで仕方がないことです。
実際問題、誘致が決まって以降、市政が県とがっちりタッグを組んできたかと言えば、そうではない状況でしたから。
もしかしたら1社か2社ぐらいは、石巻に来てくれる関連会社があるかも知れません。
けれども、それはあくまで「たら、れば」の話。
だったら、どうするか?
やはり自力でなんとかする方向を模索しなければなりません。
そこで思いついたのが『養殖経済』。
別に、牡蠣や海苔を養殖するワケじゃありませんヨ!
「会社を養殖する」
小さく作って大きく育てる。あるいは、小さい物を沢山育てて大きくする。
勘の良い方はもうお気づきかも知れませんが、続きは明日!

今日はPTAの会合がありまして、これにて失礼!