フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

日常の出来事

2017.05.01

春うらら

ちょっとひと休み…

Img_4162

2016.06.25

変革の為に一歩前へ(私が手話を始めたワケ)

これは石巻市ボランティア連絡協議会の会報に石巻手話勉強会の一員として寄稿したものです。

*******************************************************************************

 きっかけは、とある大学の研究施設で出会った学生の一言だった。
日本の最高学府のひとつであるその大学ではバリアフリーに関するあらゆる研究がなされていて、ここぞとばかりに成果品がズラリならんでいた。
様々な障害に対応した機器類に目を奪われていると、傍らで一生懸命説明していた学生からふと「手話はやらないんですか?」と訪ねられた。
私は脳卒中後遺症から右半身に麻痺障害があり「片手じゃあ手話は無理でしょう」と彼に動かぬ右腕をさすって見せた。頭の中には両手を駆使して言葉を伝えるテレビの手話ニュースの様が浮かんでいた。
しかし、彼は考え事をするように小首を傾けながら左手を何やらクルクルと動かした後、パッと明るい表情になり「あ、片手でも工夫すれば充分出来ますよ」と。若者の頭は柔軟だった。後に分かるのだが、両手が必要な表現も形や順序を変えたりすれば伝わるらしいのだった。結局、私は彼の声に背中を押され、以後石巻で手話を学べる場を探すことになる。
そして昨秋、人を介してやっと石巻手話勉強会へと辿り着く。まずは、指導役の方から簡単な挨拶や五十音を指の形で示す指文字、数字の数え方等を教わる。そこまでいくと後はろう者の方を交えて会話の実践編。ここで手話語彙の少なさに辛くなる時もあるが、予習復習で次第に世間話ならなんとか出来るようになっていく。後はひたすら実践的会話で覚える。  この私の挑戦には意味がある。自身が障害者となり、これからずっと家族や世間のお世話になって生きてくんだろうと思ってしまった弱い心に打ち勝つ為であることと、障害者が障害者のために敢えてボランティアをする姿で社会の不理解と戦う為でもある。
踏み出さなければ自己も社会も何も変わらないのだ。

2014.09.13

障害者の歩き方

こんな事件がありました。
44歳男を聴取 全盲女生徒負傷事件で 埼玉県警
本当に痛ましい事件で、絶対にあってはならないことです。 障害者に対して配慮する社会であって欲しいですね。 …と、優等生的に書いちゃえばこんなとこなんでしょうが 四年程障害者を経験した私は(今もです)、もっともっと酷い体験をしました。 ・杖に自分の足が引っかかったっと、因縁つけられるなんて日常茶飯事。
・よけろっ!とか、道歩くなっ!と怒鳴られたりするのはザラ。
・報復として、杖をさらに大きく蹴られる、唾をかけられるなんて事も。
・最近は、歩きスマホの人も怖いです。脇目も振らず突進してくるので。
・あと、ちっちゃいお子さんは一番怖い。何も考えないでタックルしてくるから。
 こっちが怪我しちゃう。  
 でも、そんな子供達に親は注意するどころか
 「コラッ!ぶつかったら○○ちゃんがケガするでしょー」だって
 つーわけで、この状況は伝承されてくのです。 こうした経験から、思うに、結局障害者だからと言ってなにも社会の中で特別な存在ではなく
自分の身は自分で守る術を覚えていくしかないのでしょう。
・人の流れに乗って歩く。流れに乗れないのであれば
 流れが切れるのを横にそれたりしてスタートする機会をじっと待つ。
・杖が当たらないようにこちらが気をつける(全盲の方は難しいのでしょうが)
というわけで大勢の中を歩く時は前後左右に注意を払いながら、自分の身の処し方を考えながら歩かなければならないのです。

それが現実なのです。

2014.09.10

残念なこの国の報道

報道が足りないのか?
自分がひねくれているだけなのか??
いやいやそうではないはずっ。
錦織圭選手の『準優勝』という日本人初の快挙、クロアチアのマリン・チリッチ選手の優勝で幕を閉じた全米オープンテニス。
しかし、その報道の陰でひっそりと報道されない大快挙がある。
車いすの部の男女シングルスそれぞれで、国枝慎吾選手と上地結衣選手がともに優勝!!
さらにさらに、両選手ともダブルスでも優勝を飾っている。
これを日本テニス界の大快挙と言わずして何と言おうか?
誠に残念ながらこのニュースは錦織圭選手の参考映像的に流れる程度でニュース番組やワイドショーのそれこそセンターコートを飾ることはない。ネットですら上記リンクのニュースを探し出すのに一苦労したほどである。
ましてや宮城県の報道機関と県民の皆さんに気付いて欲しいのは、宮城県に2工場、営業所(美里町、栗原市、仙台市)を有する㈱東北イノアックの親会社㈱イノアック・コーポレーションがその足である車イスの車輪を支えていることは誇りに感じて欲しい。
そんなことは「あなたが障害者になったから気付くことなんでしょ」と言われちゃいそうですが、それもそうかもしれませんが、そういったご批判を承知のうえでオリンピックの陰でひっそりと報道されることが少ないパラリンピック等も踏まえ、このような偉業や支える人々にも賞賛の拍手を送って欲しいのであります。そうした事を声高らかに伝え続けることが、いま彼らと同じ立場にある自分が出来る事だと思うのです。

2014.09.09

デング熱報道に感じること

先日、中学校の同期会が卒業以来はじめて開催され、「ブログが全然更新されてないっ(`´)」と、30年ぶりに、担任の先生に叱られた後藤春彦です。
あっ、ドモっす、皆様お久しぶりです。

突然ですが……

厚労省の発表によると、今日でデング熱感染者が計80名となったそうです。 過去に例を見ない感染症、日々広がる感染区域に首都東京はパニックに陥ろうとしています。 このような状況にふと思い出したことがありました。 今から約10年前、私が石巻青年会議所の理事長であった当時、例会に気象予報士の方をお招きして地球温暖化に関する大変興味深いお話しを伺ったのを思い出しました。 今改めて例会のメモ的な私のブログ記事のリンクを張りますので、是非ご一読ください。 まだまだ危険はあることが察知できるはずです。 ストップ温暖化についてはまたの機会にするとして、このまま放置しておくことがいかに危険であるか一人でも多くの皆様に気付いて欲しく再掲する次第です。

2005.11.25掲載記事 11月例会「教えて! 齋藤さん」より

※同期会についても後日記事書きます。

2014.02.24

コメントを寄せてくださいました、石中卒業生T様へ

過去記事「この頃あったこと」にコメントを寄せて下さった、石巻中学校卒業生T様へ。
残念ながら、私は吹奏楽部でしたので、メロディは覚えていても歌詞はほとんど記憶しておりませんでした。
ですが、そのお気持ちよーく分かります。
あの記事の頃は学校評議員として来賓参加の卒業式でしたが、来年は、いよいよ私も卒業生の保護者として卒業式に参加するつもりです。恐らく最後となる卒業式です。出来れば、子どもたちと一緒に歌って式に臨みったいと思います。

そこで歌詞を入手しましたのでここに掲載します

石巻中学校校歌

一、群れとぶ鴎よ 永遠なる北上

      歴史ははるけく

      ゆたけしその愛 まもらむその愛

      高鳴る命よ若き幸よ

      栄えあれこの丘 われらが母校

二、美(うるわ)し緑よ 牡鹿の山々

      のぞみはあかるく

      こぞりて磨かむ みがかむその智慧

      とどろく潮よきよき夢よ

     栄えあれこの丘 われらが母校

三、輝く海原すがしき雲雀野

      未来ははてなく

      雄々しく進まむ 進まむその道

      校旗は燦(さん)たり青き風よ

      栄えあれこの丘 われらが母校

石中賛歌

一、春風が吹いて

      校庭(にわ)のポプラに

      緑の生命(いのち)を吹き込んだ

      青い空よ 白い雲よ おまえは聞いたか

      若者の澄んだーーーー声がとび交うのを

      とび散る汗とわき立つ力が

      輝く栄冠をめざしてみなぎる

      ああ石中健児の意気高し

      ああ夏の太陽(ひ)がーーーーひとみに光るよ

二、秋風が吹いて

      校庭(には)の萩の木に

      紫の花びらを咲かせて行った

      青い海 白い波よ おまえは見たか

      若者たぎるーーーー胸がときめくのを

      あふれる信情(まこと)と理智(りち)へのひとみが

      美しき青春をめざして燃えたつ

      ああ石中健児よいざ集(つど)え

      ああ冬の太陽(ひ)がーーーー心にそそぐよ

石巻中学校卒業生の皆様、校舎の窓から見えた太平洋の水平線、行き交う船の姿

日本製紙の巨大な煙突から立ち上る白い煙や、校庭で狭苦しそうに活動する運動部の姿など

それぞれの石中の思い出を瞼に浮かべて、口ずさんでみてはいかがでしょうか?

2012.02.06

記念日

皆様にとって何気ない2月6日でも、私にとっては重要な日である。
2年前のこの日私は職場で脳出血に倒れた。
まかり間違えば親族にとって法事であったであろう今日が、単なる私の記念日の一つになった。生きているとドンドン記念日が増えていく。
命に感謝。
支えてくれた家族に感謝。
励ましてくれた仲間に感謝。

-- iPadから送信

2010.01.30

ゆびとま復活!

そう言えば、昨日の「亀山市長 新春の集い」で、高校時代の同級生に会いました!
んーと、確か10年ぶりぐらいの再会です。
この場合、必ずと言っていいほど近況報告にほとんどの時間を費やすんですが、やっぱそうでした(笑)
彼は、大病を患いながら(現在は完治)家業を切り盛りしていたとのこと。
同い年ながら「すごいなー」と関心してしまいました。
それに比べたら、自分なんてまだまだ甘ちゃん。
もっと自分に厳しく生きねば!と強く思った次第。

そう言えば、話の中にも出たんですが、昨年の我が母校・石巻商業高等学校の同窓会は、うちの学年が幹事で結構同期の皆さんが集結した模様。
模様…という表現は、明らかに会費要員であったことを物語ってますな(笑)
でも、そういう話を聞くと「ああー行けば良かったなー」と。
個別にちょくちょく会う人もいるけど、やっぱみんなが集まると懐かしいし、楽しいよね。
考えてみたら、小学校も中学校も高校も、たぶん同期会してないと思う。
ん?? 呼ばれてないだけか???
いやいや、そんなはずはないっ。
なんか、同期のみんなに会いたくなっちゃいますね。
どうしてるかなー? あの人やあの人。

そうそう、同窓会と言えば「この指とまれ!」っていうウェブ上の同窓会コミュニティサイトがありましたよねー。
今でいうSNSの先駆けみたいなサイトで、けっこうブームになりましたよね。
ま、自分は登録だけ…って感じでしたが。
その後、運営会社のゴタゴタで最終的にはリニューアルを謳いながら閉鎖になって…。
mixiが登場すると、そっちの方に学校ごとのコミュニティが出来てて、結局ユーザーはそこで連絡取り合ってるみたいです。
けど、mixiはHNの人が多くて、誰が誰だか分からないんですよねー。
ゆびとまの方は、基本同窓会サイトという触れ込みだったので本名登録だったし、前後の学年、先輩や後輩の名前を見ることも出来て、それはそれで良かったんですが。
で、そろそろ復活してないのかなー、と思い、検索してみたら…
ありました! ありました!

Yubitoma.jp ウェブ同窓会「この指とまれ!」
http://yubitoma.jp/

今はまだ仮設サイトということで、だいぶ使える機能は限られていますが、それでもちゃんと当時のID&パスワードでログイン出来ました!
早速入ってみると…
いやー、懐かしい名前が並んでます!
けど、石巻中、同期は自分も含め6人しか登録されてないです↓
確か400人以上はいたと思うんだけどなー。少ねーー。
ゆびとま、これからに期待です!

2010.01.26

龍馬伝

福山雅治 かっこいいなぁーーーー。
んもうドラマ全体がプロモみたいだもん。
先週放送分から いよいよ龍馬江戸へ!
千葉道場に入門でございます。
あれあれ 渡辺いっけいさんが出てきたヨ。
なんか雰囲気が あのドラマみたいになってきたぞー。
そう 科学者と助手のやつ(笑)
よーっく見てみたら 脚本が福田靖さんじゃないの!
ガリレオの脚本家です。
なんとも素敵な隠し味。

幕末と言えば、龍馬や勝海舟、新撰組などメジャーな人物がクローズアップされがちですが、このNHK大河ドラマでは、なかなかスポットが当たらない人達もきめ細やかに描がかれています。
龍馬を追って江戸に行こうとする郷士 岩崎弥太郎は、後に巨大商社・三菱を興す立志伝中の人物。
けれども、ドラマの中の立ち振る舞いがあまりに汚いんで、某グループがお怒りとか、そうでないとか(笑)
んー、私もちょっとやり過ぎじゃないかと思う。
あと、私の好きな武市さんも登場回数が多い!
言わずと知れた土佐勤王党。
ああいう愚直だけれども、志を貫き通す生き方に男は憧れたりするもんです。
まあ、ちょっと手法がよくなかったかもしれませんが…。

というわけで、魅力的な人物多数の龍馬伝、一年間楽しませてくれそうです。

2010.01.13

学研の科学

飛んでもないことになりました!
皆さん、知ってました??
学研の『科学』が今年の3月で休刊になるらしいんです。

学研HP 『学習』『科学』休刊のお知らせ

なんとも悲しいお話です…。
学研の科学と言えば、小学生の科学に対する好奇心、探求心を育む欠かせないアイテムでした。
かく言う私も、ずーっと取り続け、毎月毎月付録の実験キットを楽しみにしてました。

ピンホールカメラで、自分で撮った写真に感動したり
カブトエビの飼育セットで、生命の神秘を目の当たりにしたり
プラネタリウムで星に目覚め、カールセーガンの本を読破してみたり…
あこがれの顕微鏡で、恐る恐る指の皮を剥ぎ取って見たり(笑)

…と、大凡科学にまつわる興味は、全て学研の科学が入口でした。
なにせ、今もって小4の息子の「科学」を盗み見して「来月の付録はな~にかな~♪」と心待ちにしてるぐらい(笑)
一体全体これからの小学生は(親父も)、どうやって科学への扉を見つければいいんでしょうか???
学研さん、思いとどまってくださいよーー!

一方、「大人の科学」は絶賛発売中!

今回は自作エレキギターキット! かっくいいーーー!
表紙は布袋寅泰。ベイベベ ベイベ ベイベー♪
これ欲しいねー。けど、ちとお高いのが難点。
ちなみに前回購入したテルミンキット↓↓は演奏が少々難しいです。

より以前の記事一覧