フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

PTA

2016.03.13

仰げば尊し

Img_2381

本日学校評議員を務めている関係で母校石巻中学校の卒業式に来賓としてお招き頂き参列してまいりました。

皆様、次第十「答辞」あとの合唱にご着目ください。

ナント!あの「仰げば尊し」があるではないですかっ!

最近の流行歌を歌う風潮の昨今、この古風さにはある意味清々しさすら感じられます。

しかも、一番を卒業生が唄い、二番は在校生と共に、そして三番は美しいハーモニーで唄うといった憎らしい演出まで!

これで泣いてしまう子が続出、しかも断然に男子が多いの!

オジサン、これにはウルッと来ましたね。

続いて全員で唄った石巻中学校校歌の歌詞の美しいこと美しいこと。

小高い山の上にある校舎からは、いつも故郷の海や全景が望めました。

今は失ってしまった全てが言葉の中にちりばめられていて、かつての石巻を思い出さずにはいられませんでした。

作詞された「芳賀秀次郎」さんは、ネットで調べればWikipediaにも出てくる高名な教育者で詩人であったそうで、栄誉ある数々の賞を受賞されている方です。どおりで言葉が美しい訳だ。

三番までしっかり唄わさせて頂き、今夜は本当に気持ちよく眠れそうです。

思い叶わなかった、あのコの横顔でも思い出しながら(笑)

2006.03.17

園児と生徒のギャップ

今日は息子の通う幼稚園の卒園式。
本当はハンディカム片手にパパしたかったんですが
諸般の事情で来賓席にがっつり固定。
おかげで卒業証書を受け取る息子の
後頭部しか見えませんでした・・・

ところで、 卒園式を前に30分ほどビデオ上映がありました。
内容は子供達の1年間の園生活をまとめたもの。
先生方がナレーションを入れていて
BGMの選曲の良さと相まって、 感動的な作品に仕上がってました。
で、上映終了後、会場が明るくなり、 ふと保護者席に目をやると
そこは号泣の嵐!
お母さん方は、式の前で既に感極まっているご様子。
肝心の式の方は、卒業証書授与から始まり
理事長先生、園長先生のご挨拶、 記念品の授与とつつがなく進行。
最後に、園児達の歌やお別れの言葉ありました。
しっかしですねぇ、巧いですよ、プロデュースが。
泣かせよう、 泣かせようという仕掛けが随所にあり
その度に、お母さんボロボロ。
床上浸水2cmぐらいの涙が出たんではないでしょうか。
こういった巧みな演出が明日の入園者獲得につながるんではなかろうか、 と変なトコに感心してました。
まさに、民間幼稚園の面目躍如といったところです。

その後は石巻中学校へ。
今年度最後の学校評議員会です。
その中で気になることがひとつ。
中学校で授業参観があった日って
必ずクラス毎に保護者懇談会がありますよね。
どうもそれの出席率が芳しくないらしいのです。
自分の頃はどうだっただろうか、 と考えてみたんですが
恐らくはほとんどの保護者がいたような気がします。
ところが、今は半分どころか、 ひどい時は5人くらいしか参加されないそうです。

卒園式での保護者のあの気持ちの入れようと
中学校のこの現状。
このギャップの差に驚きます。
子供が大きくなると、気持ちが入らないのか
あるいは保護者が忙しくなるからなのか。
原因が分からないだけに、気持ち悪いです。
この辺を紐解いていくと、 もしかすると今後の学校教育と地域教育の有り様が見えてくるかもしれません。

2005.07.01

原稿書きに追われる

微妙に“ほぼニチ”ペースの後藤です。
最近はPTA関係の原稿書きに追われているのでした。
ちなみにどんな事を書いているかというと…

まずは、息子の通う幼稚園の広報紙から。

          ☆ ☆ ☆
『子供を教育するばかりが親の義務でなくて、
子供に教育されることもまた親の義務かもしれないのである』
              (寺田寅彦/物理学者/ 1878~1935)
 人は生まれながらにして完璧な存在ではありません。子供達がそうであるように、私達も日々親として成長していくものだと思います。
 ですが昨今、その成長を止めてしまったかのような、そんな親に出くわすことがあります。それはきっと人間関係の希薄さが生んだ現代の病なのかもしれません。
 メールが普及し、文字と小さな液晶画面が人とのコミュニケーションの場になりつつあります。しかし、これはあくまで手段であり、本当の親交とは、表情を見て呼吸を感じながら語りあうライブ感にあると思うのです。 ○○○幼稚園父母教師会は、そんな昔ながらのコミュニティの場でありたいと願います。
 子供達と共に、私達もどんどん成長していきましょう。
 一年間、どうぞよろしくお願い致します。

続いて、石巻地区のPTA広報紙。

          ☆ ☆ ☆
 地元FM局でDJをやっている関係から、度々学校や各種団体で講演をさせて頂く機会があります。先日は母校である某小学校で、保護者を対象にした講演を行ってきました。あの頃の学舎は新しい校舎に立て替えられ、すっかり様変わり。懐かしい藤棚にわずかに当時の面影が残っていました。
 そして、何より驚いたのは児童数が在学時の三分の一に減っていたこと。どうりで校庭で遊ぶ子供達の姿も、記憶の中のあの光景と比べ、まばらだったわけです。
 また、学校のセキュリティーの高さには目を見張るものがありました。
 少子化、子供達を巻き込む犯罪と、社会環境の変化から様々な問題が吹き出している現実。この事態を改善すべく、国や地方自治体ではあらゆる努力がなされています。一方、私達保護者も、行政におもねるだけではなく、出来ることから少しづつでも何かを始めていかなくてはなりません。特に幼稚園は子供達が初めて接するコミュニティです。
 昨今『地域全体で子育てに取り組む』という意識は薄れつつありますが、子供達を育む目、見守る目が多くあればあるほど問題の解決に繋がるのではないでしょうか。その為に、まずは園と保護者が一体となって子育ての共同コミュニティを形成し、その輪を広げていくのもそのひとつと考えます。
 今回、大役を仰せつかり、甚だ恐縮ではありますが、微力ながら頑張って参ります。
一年間よろしくお願い致します。
          ☆ ☆ ☆

と、まぁこんな感じでキャラ外の事を頑張ってやっとるワケです。

あ、そー言えばどっちも発刊前だった!

ま、いいか。

2005.06.22

ムンムンムンムン♪

前回からの続き。
PTAづいているという話です。
明けて翌日、土曜日、息子の通う幼稚園で 「親子リクリエーション大会」が開催されました。
前にも書きましたが、私はここの幼稚園でPTAの役員をしていまして…
あ、どこの園かは書きませんよ。
学芸会や運動会にパパラッチとか来たら困りますから。
TVのクルーとか来たら他の保護者の方の迷惑にもなるし。
(来ないって!)

話を戻します。
その親子リクリエーション大会、言ってみればミニ運動会みないなもんですが、これはPTA行事なんで運営主体が保護者なわけです。
それもほとんどお母さん。

ムンムンムンムン♪

いい意味で。
こういう時って、親父はほとんど役に立ちませんね。
私もその役立たずの一人でした。

続いて、今週火曜日。
石巻市立山下小学校PTA文化部の講演会で講師をしてきました。 斎藤祐司君と。
我々の母校ですよ。
こちらは、JCメンバー高城君が同校のPTA会長というよしみで声が掛かったようです。
まあ、私と祐司君がラジオ石巻で再三「母校・山下小から講演のオファーが掛からない」と7年間言い続けてきたので
ある程度効果があったのかもしれません。
ないかもしれません。
で、土曜日の幼稚園の件があったので、ある意味予測はしていたのですが、会場に入って…

ムンムンムンムン♪ (´∀`*)

40名近いオーディエンス全てがお母さんでした!
講演の内容は、昔の山下小の話から始まり
・自分の子供の頃と今の子供達との比較
・TVやゲームの影響で言葉が乱暴になっていること
・だからこそ正しい日本語を覚える為に本を読ませて欲しい
・今の子供は忙しすぎるからちょっとだけ暇をあげて
・その暇で野原で創造しながら遊ぶことをさせて欲しい
・ぜひ一緒に地域ぐるみで子育てしましょう
という感じのお話をさせていただきました。
字面からは分かりませんが、結構会場はドッカン、ドッカン沸いてました。チーム電脳健在といったところです。
一応一通り話し終えたところで質疑応答。
何個目かの質問で

来たよ、来ましたよ!


子供達の性教育について
           どうお考えですか?

自身の
体験も含めて教えてください!

おいおい、それに答えろってか?

初めてがいくつで、いまのカミさんまで何人かって言えってか?

聞いたら驚くぞ! イスごとひっくりかえるぞ!

って一瞬考えましたが、違う、違う。
小学校でどういう性教育受けたのかって質問でした。

「あ、小学校ではなかったっスね。
       友達のエッチ本で覚えましたよ、アハハハハ」

ヤベ。やっちまった!
会場シーン。高城会長真っ青…。
なんて、私がそんなヘマするわけないじゃないですか。

そのあとすかさず

「私の頃は絶対的情報量が少なかったから、それでも良かったのかもしれません。割とエッチな本だってまっとうな物しかなかったし。ただ今は、 有害な歪んだ性表現が世の中を闊歩してます。インターネットでもそう。これらをいかに子供達の目から遮断するか、そういうことも併せて考えなければなりませんね」

と回答しました。そのあと、ダンディーな校長先生から見事なフォローを入れて頂き、お母さんも納得。
思わず変な汗をかいてしまう一幕でした。
その間、祐司君は皆さんのご想像通り

「おぉ (゚⊂・゚)」だの
「おぉおぉ(℃・゚)」だのと

うなずいてるだけでしたw

そのあと、お母様方とお茶&カフェZENのスィーツで、 楽しいひとときを過ごさせていただきました。

ムンムンムンムン♪

※ 文中使用しているステキな「ゆーじ顔文字」はT専務の作です。

母校の学校評議員になりました!

最近なにかとPTAづいている後藤です。
まず一個目。
17日(金)、石巻市立石巻中学校の学校評議員会というものに参加してきました。
同校では今年度から初めて学校評議員制度を導入したとのこと。
私はその栄えある初代メンバーに選ばれたというワケです。
モー娘。で言えば福田明日香みたいな位置づけです。
(なんのこっちゃ)
学校評議員会とは「地域の声を学校経営に活かす」というコンセプトで、PTAや教育関係者に限らず幅広いジャンルから人選し意見を伺うという、まあ言ってみれば校長先生の諮問機関のようなものです。
で、依頼された時に校長先生から「評議員は5名ぐらいですよ」とお聞きしていたのですが、いざ集まってみてびっくりの面々。
1.JC・OGなのに、なぜかJCの圧力団体の長でもあるK嬢
2.JC現役会員の実姉で香りの魔術師N嬢
3.まきいしねっとの総元締め、大学教授のK氏
4.地元でビル経営をなさっているS氏
…と、どっかこっかでよく会う皆様方でした♪
別に名前を伏せることもないんですが、ま、個人情報保護法ということでなんとなく。
今回は第一回ということで、校長先生・教頭先生から、石巻中の概要と学校経営の概略をご説明いただき、フリーランスに我々から意見させて頂くというスタイルでした。
その経営目標なんですが、イかしてます!校長先生!
私自身、目からウロコの新鮮な驚きでした。
で、内容ですが…

 1)「学校が楽しい」と思う生徒を70%にする。
 2)「授業がわかる」という生徒を61%にする。
 3)「生徒は元気な挨拶が出来ている」と感じる
   保護者の割合を85%にする。

以下、こういう具合に目標が続いていくワケです。
あのー校長先生、コレって具体的数値目標ですよね?
でもって達成期限もあるんですよね?
っていうことは…そうなんです。

これはどこからどうみてもマニフェストですよ!

校長先生はマニフェストをご存じかどうかは分からないのですが、私達JCが市長選・市議選立候補者へ提示を要請したマニフェストと寸分違わぬものです。
あとは実現の為の手段・手法が確立されれば完璧。
私は思わず嬉々としてJCのローカル・マニフェストに対する取り組みを説明、この概念は学校経営にも通じるものがあると力説させて頂きました。
名付けて「石巻中スクール・マニフェスト!」
ぜひ一緒にやってみましょう!と話しました。

学校の経営目標も政治家の公約と同じで、ややもすると抽象的表現に終始してしまいがちです。
「心豊かな生徒を育てる」
「規律を重んじる生徒を育てる」等々。
では具体的にどうするか?
それは案外現場の先生方に委ねる部分が大きかったのではないでしょうか?
金八先生なんて単なるTVの寓話。あんなスーパー教師はあり得ない話です。現実には、教職員・PTA・地域が一丸となって子供達を育てる、そんな環境を作っていかなければなりません。そこに、具体的な数値目標、手段・手法、期限をともなったスクール・マニフェストというものがあれば…。
それは子供達の教育に携わる全ての人の共通目標となり、また、それぞれに責任意識が芽生えます。この部分は学校側が頑張る、ここは地域で頑張ってみる…と。
「教育は数値でしばるものではない」と考える方もいるかもしれません。
では、こう考えてみてはどうでしょう?
例えば100人の生徒がいたとします。50人が学校を楽しいと感じてる。けれど残りの半分は楽しくないという。
では原因はどこにあるのか?
個々の事情に応じて、教師やPTA・地域がその対策にあたるのです。このように一人づつ対応していくことによって、そのパーセンテージは上がっていくかもしれないのです。
ですから数字ありきではなく、あくまで“マイナス” の状態にいる生徒をどうやってプラスにもっていくか、という目標の方に主眼が置かれることになるのではないでしょうか?
これって、数字でしばることには全然なりませんよね?
石巻中にはぜひスクール・マニフェスト、やって欲しいです。

さて、2個目…といきたいところですが、長くなってしまったので残りは次回に。

2005.06.18

姉さん、浅野知事がヘンです!

というタイトルにすると“浅野知事” を検索キーワードに、色んな人がこのブログにやって来るんだろうなぁ。
時期が時期だけに。

今日は、宮城県民会館で行われた
「平成17年度宮城県私立幼稚園教育振興大会
 並びに 第34回宮城県私立幼稚園PTA研修大会」
という催し物に参加してきました。

youchien

この催事は要するに…
1.公立幼稚園では子供達を全部カバーできないわけで
2.だからこそ私立幼稚園というものがあり
  子供達の教育に寄与していると
3.で、その経営安定は、子供達が等しく教育を受ける権利に
  大きく関わっていて
4.並びに保護者の経済的負担も軽減することが急務で
5.だからいっぱい補助金ください!
  知事様!


という趣旨を行政に訴えるものなのです。
おわかり頂けましたか?
いや、ふざけて書いてるようにみえますが
これって大事なことなんですよ。
この公的補助がなければ、我々保護者の負担が重くなるんですから。
学費が高ければ私立幼稚園はちょっと… ということになり
さりとて公立幼稚園は減少する一方で
じゃあ溢れた子供達はどうなるのかと。
本当にこれがないと、社会問題になるのです。

そういうワケなので、もちろん知事ご本人も出席。
県議会議長ほか名だたる代議士、県議の皆様もご参列。
来賓代表で知事からご挨拶をいただきました。
で、そのスピーチがヘンなんですよ。
私の知る浅野知事の話法は、とにかく早口で喋るしゃべる。
ジョーク→まじめな話→ジョーク→まじめな話→以下省略
と、引出しの多さで聞く者を圧倒するわけです。
が、今日は何かキレが悪い。
ジョークも一個。
でもってカミカミ。

どうしたんですか? 知事さん。
疲れてるんですか?
何か気になる事があるんですか?
知事さん、あのね…(それは“県政だより”!)
私はとっても心配です。
再選なさるんですか?(それは余計な質問か!)

そうだ! わかった!

ラジオだ! ラジオ番組やめちゃったからだ!
あのステキなエルビスの番組。

いやー、わかりますよ、知事さん。
番組やってないと、結構クチが回らなくなりますよね。
私も2週間ぐらい休んじゃうとダメだもの。
なにはともあれ、いつもの知事さんに戻ってください。
なんなら私の番組の枠、空けておきますから。

とかなんとか書いてて気がついた!
明日は佐沼でJCの
『宮城ブロック会員大会』というものがあって

知事さん、来るんだった!!

(゜◇゜)ガーン

こんなこと書いて良かったんだろうか…
いや、敬愛の念をもって書いてるから…
っていうか、たぶんこのブログ知らないと思うし…

そう言えば、うちの弟に言われました。
一ヶ月前の文章と明らかにキャラが違うと。

ま、息抜きです。

そのうち訴えたいことが出てくれば、また元の文体に戻ります。

あ、ちなみに私には姉はいませんから。
タイトルの“姉”は、単なるノリです。

2005.06.02

PTAデビュー!

D1000019  今日は、県民会館で行われた宮城県私立幼稚園PTA連合会の総会に参加してきた。息子が通う幼稚園のPTA役員をしている関係で出席したのだが、世の中には色んな団体があるものだなぁと、つくづく実感した。
 PTAビギナーの私は、何が何だか分からないままその場にいたのだが、会長や来賓の挨拶、議事を聞いているうちに、何となく仕組みが分かってきた。どうやら県内を数エリアに分けているということ。例えば石巻市だったら“石巻地区会”というらしい。それらを統括して宮私幼PTA連合会があるということ。さらに、それをまた統括した全国組織もあるらしい。
 ところで、役員の方が自己紹介する時に、ひとつ気になることがあった。自分の名前を言う前に「Pの佐藤です」とか「Tの山田です」と、必ずアルファベットを付けて名乗るのだ。あまりにも気になったので、隣の方に教えて頂いた。
 Pは親(Parents)、Tは先生(Teacher)。どうやらこの組織は、保護者だけではなく、園の先生も加わって成り立っていて、自分がどっちなのか区別するために言っているとのこと。
PTAが何の略か考えれば分かって当然のことだが、要領を得ない場所で知らない人に囲まれ、普段より10%ぐらい舞い上がった状態だと、パッとは気づかない。
 というわけで、総会の運営方法といい、この自己紹介といい「新参者には不親切だよなぁ」と一瞬感じたが、ハッと思った。
 考えてみれば、JCもこれと似たようなところがある、と。始めて出席した会議でアジェンダと言われ「何だそりゃ!?」と思ったり、「今日はブロ長がお見えになっています」と耳にして「誰だ、そりゃ??」と思ったり。
 要するに、こういった団体独自の決まり事は、習うより慣れろということになる。まぁ既にPTAの経験豊富な方からすれば、当たり前の話ではあるが、息子の成長共々、自分もこうやってPTAとして成長していくのだろうなぁ、と感じだひとときであった。