フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

政治・行政

2017.05.01

春うらら

ちょっとひと休み…

Img_4162

2017.04.14

彼が8年かけて創り上げたこの程度の行政

高齢女性の仮設住宅たらい回し…

Img_4125

2017.04.11

弱者の立場を顧みない現市政

障害者になって7年。

これをきっかけに福祉活動を行っている皆さんと知り合う機会をたくさん頂きました。
で、感じるのは、
現実は甘くない…です。
私は時々石巻中央公民館をサークル活動で利用しています。
ご承知の通り障害者ドライバーはドアを大きく開閉するので広めのスペースを必要とします。
中央公民館の駐車場はことさらよそのと比べて一台分のスペースが狭いです。
障害者駐車ゾーンだったようなところがあるにはあるのですが マークが消えかかっている上に、

Img_4083_4

デーンと、市公用車が止まってます。

Img_4081_2

また、意地悪にも公用車専用という仮表示までされる始末。

Img_4082

トップの姿勢はどうやら末端の職員隅々まで行き渡っているようです。

2017.04.01

計画的な様で無計画な高盛り土道路の弊害?

市長選に向けて各地で日々"くわ入れ"に追われる市長さん。
なんだったら土○屋さんに商売替えされたらいかがかしら??(笑)
ところで、記事にある高盛り土道路、用地買収されたところから順次着工とのことですが、果たしてことはそううまくいきますか?
区間にあるお宅の方からお話を伺ったりしますが「ようやく改修した自宅を誰が売るか!」と仰ってましたが、どうなるんですかね。
計画的なようでいて、意外に無計画なこの高盛り土道路、ポツポツと作っていって精神的に非協力的な地権者を追い詰めようとしてるんでしょうが(個人の推測です)、方向を変えればこんな見方も出来ます。
高盛り土道路は、市街地へ津波浸水を食い止める目的なんでしょうが、逆に交渉が難航し隙間となった区間は、万、万が一、津波が発生した場合は、水路になってしまうのではないでしょうか?  私はこの分野の専門家ではないので正確ではないことを言ってるのかもしれませんが、ちょっとだけ空いた隙間から入り込む津波は平面で押し寄せるそれより遙かに勢いを増す様な気がしてならないのです。
これで何か起きたら完全なる人災ですよ。 そこまで考えて事業にあたってるんでしょうかね? ハッキリ言って怖いです(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

Img_4079

2017.03.16

うわべだけの追悼に終わる、有識者(学者)の南浜議論の陰で…産廃ゴミ

現職市長さんは、自身が大学教授であったこともあってか、どうも復興関連の議論に学者さんをあてがうのを好むようです。

さて、新聞記事にあるのは「南浜津波復興祈念公園」の施設配置やデザインについて検討する部会が石巻であり、その結果を記事化したものです。
私自身はかつてこの地区に勤務していた時期があり、それなりに思い入れはあるものの、住民ではなかったので、敢えてこの件には口をつぐんで来ましたが、元住民の方から「自然にまかせてほっといてくれ」の言葉に共鳴はしていました。
曰く、人工的な築山や広場、池は、かつての地区の営みをかき消してしまうばかりか、維持管理費も莫大な金額になる、と危惧してらっしゃいます。
はてさて、高名な学者の皆さんはそんな元住民の声をよそに、絢爛豪華な庭園をお造りになろうとしてらっしゃいます。
まあ、それはそれで多くの国民が花を手向けて追悼される施設になるのであれば、石巻市民としてはありがたい限りです。

が、問題は今なのです。

これは元住民の方が取った写真なのですが、この様な産廃ゴミが毎日の様に南浜に捨てられていくとのことです。
ゴミの質、量からいって、個人ではなく業者であると推察されます。
元住民の方は、これらのゴミを毎日片付けているとのことです。
ある日見張っていたらトラックが逃げ去っていくのを目撃したそうです。
さて、高尚な議論も結構ですが、追悼の気持ちが本当にあるのならば、元住民の皆さんと片付けに参加するなり、土地の手入れに来るなりしてみてはいかがでしょうか?

Img_4021_8

17357464_1259056184177396_1585118_4

2017.03.15

木を見て森を見ない石巻市と市議会の愚(産婦人科編)

市立病院への産婦人科設置の有無について、こんなやり取りが新聞に掲載されていた。 石巻市曰く…

1.平成27年度の新生児のうち85%は市内分娩施設で出生。

2.市内開業医の話では分娩施設が足りないという感じではなかった。

3.石巻日赤病院への一極集中は緩和され、開業医では里帰り出産も受け入れられるほど余裕が出来てるんですよ。

とまあ、要約するとこんな感じの答弁。

最後に病院局は「市立病院単独での産婦人科医確保は困難だとしながら、現状を分析した上で将来に向けた検討にになる」とのたまわったそうです。

まず「1」は里帰る前に出産を病院から断られた数はまったく含まれていないのです。

病院局や市議には出産を控えたママさんの声が全然聞こえてないんでしょうね。 施設の古さや医師との相性等もあって石巻での出産をあきらめるケースは別にしても、明確に開業医から断られ、わざわざ塩釜に通ったママさんも知ってます。こんなママさんは少なくないはずです。

「2」と「3」も完全に開業医と市の主観的な見方による意見ですよね?

で、最終的な答弁は簡単に言うと「うちじゃ医師を呼ぶ力もないし、開業医も足りてんじゃね?って言うから、やりませんよ」って言ってるようなもん。

つまり、付随して必要な小児科もムリね、と。

まあ、この人達に何言っても無駄な事だし、市議にもさらに踏み込む力もないようですから、こんな人達には今期限りでご勇退願いたいところです。

この状況じゃ、少子化は進む一方ですわな。

ちなみに今年の新小学一年生は千人ちょっとです。石巻市全体で!

Img_40161

2017.03.10

石巻には高額アルバイトあります。

某コンサルタント会社に在籍していた臨時雇用の市職員、月額給与の額が

市長>副市長>【臨時職員】>部長級
という人がいるそうです。金額に応じて態度もでかくなりますわな。
ちなみに 【月額72万円】 とのこと(`Д´)

復興住宅消えた3LDK問題

これは2〜3月の市議会で明らかになったことなのですが、復興公営住宅建設工事時に3LDKとして作られながら、3LDKが意外に人気が無いために、うちひと部屋を目隠し仮装2LDKとした住宅が数棟あったとのこと(`Д´) これは内部告発を受けた市議が当局に問いただした場面で発覚しました。当局も躯体は3LDKであったが内装工事前だったので塞いで2LDKとしたと認めていました。 こりゃとんでもない八百長ですよ。 事前に国や県の了承は得たのでしょうが、躯体を作るだけでも相当なコストがかかっているのは自明の理。建設業に明るい方でなくともお金がどぶに捨てられてている様な状況である事はご理解頂けると思います。復興の為にと国費を投じて頂いた全国の皆様に申し訳がないです。数々の不祥事に、こんなまともな行政運営すらままならない人物に「ヌケヌケと復興の仕上げなんてさせらません」。 亀山市長、あなたには九年目はありませんし、市民も望みません。 しっかし、これほどの失態を報道機関はなぜ報道しないのでしょうか? 市役所記者クラブと当局との馴れ合いなんですか? 当局からの選挙前だからって報道規制? それともとるにたらないこと? まったく謎です。

やりたい放題過ぎる復興公営住宅、今の景色

入居前の復興住宅があるところのたかだか200mの道路を整備しただけで仰々しく開通式なぞ行った三ツ股地区の復興住宅の記事を掲載したのを覚えているだろうか? ちなみに昨年12月から入居を開始したはずの復興住宅の"イマ"がこの状況。プライバシーを考慮しかなりぼかしを入れてますが、まばらと言うか数戸にしか明かりが灯ってないのはお分かり頂けると思います。こんな光景実は市内の随所で見られます。 あれ程「こんなにいらなんじゃない?」「需給がマッチしてないんじゃない」という市民の声をよそに役所が企画し議会が承認し続け、ハウスメーカー各社が潤ってきた復興公営住宅。 平成29年度は、154億円が投じられるとのこと。市長も議員も頭正気か??と疑いたくなります。 あげく、空き家になったら、被災者以外にも広く一般に賃貸するとのこと。それって民業圧迫じゃね? 市民全員が怒るべき事実ですが、それ以前に貸家業の皆さんもっと怒ったら?死活問題ですよ。

Img_3862

Img_3867

17190976_1093894994054538_131224761

2016.10.26

障害者視点からの石巻市立病院

元々立地場所自体「ここじゃないんだよなぁ〜」という気分の私にとって素直な気持ちで見られなかったのは別として、石巻市立病院に障害者ドライバーとして自分で運転して、リハビリに自力で通うなら、という想定のもと行って来ました(ここは素直に)。
駐車場入口は、JR仙石線の線路側にあります。国道側ではないのは、渋滞回避のためなのでしょう。 まずもって私を出迎えてくれたのは「ジャジャーーン!」

Photo

私の天敵、発券ボタンをいちいち押さないと入れないゲートでした(ノД`) このタイプだと、右片麻痺の私の場合、車こするんじゃないの?ってレベルの幅寄せをして、一端停車し、ギアをパーキングに入れてサイドブレーキを引き、安全な状態を確保してから左手で発券ボタン押せるように身体を返してこの引っ込んだボタンを押さなければなりません。責めてこのボタンが大きな出っ張ったボタンを押し込むものだった楽なんですけど(イメージ出来ない方は、安全状態を作った上で左手で押してみて下さい)。 さてさて、中に入ると1F駐車場には障害者用ゾーンがあり、5台分が確保されてます。

Photo_2

入口一番近くの場所に車を滑り込ませ駐車し、中に入ると、いきなり第二トラップ(´д`)「エスカレーター二本」。エスカレーター練習はしてますが、介助者がいないとハードル高いです。見上げて思案に暮れていると、すかさず私ベテランよ的ナースさんが現れ「どうぞエレベーターへ」と案内してくれます。2Fボタンを押され、辿り着いたのが…

Photo_3

「バ、バーーン!」
巨大エントランス!田舎の勘違いした公共施設にありがちなエントランスホールって奴です。この距離を受付まで辿り着くのは大変なことです。
リハビリ室は3Fエレベーターから降りて直ぐのところにあるんで、割と行きやすそうです。 一応中で見聞きしたものや写真は割愛します。
最後に車に戻って出口に向かいます。 ちなみに、1F駐車場は障害者用を除くとそう多くなさそうなので、健常者の方は立体駐車場をお薦めします。つか、そうしてください。石巻の民度では、普通に考えて障害者用スペースに健常者の方が遠慮なく止めちゃうんで(^_^;) ところで出口は、仙台方向に沿って奥へ奥へと進みます最終的に出た先は、あと僅かで水押踏切ってとこです。
と、その前に精算機です。
これもまた天敵。入口同様、押しづらくおつりが取りにくい高さです。

Photo_7

事前精算機の設置を強く希望します。
で、難所を出ると水押踏切を目前にして、案内矢印が現れて、あれよあれよと駅側に戻されるという仕掛けです。

Photo_8

さて、開院前にごちゃごちゃな車線変更を行い病院がスッカスカなのにかえって道路が混んでないか?との声が聞こえて来ますが(笑)何にせよ私達身体的障害を負った者には通いづらい病院のようです。
市立病院自体の善し悪しはまたの機会に…。

より以前の記事一覧