フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 石巻には高額アルバイトあります。 | トップページ | うわべだけの追悼に終わる、有識者(学者)の南浜議論の陰で…産廃ゴミ »

2017.03.15

木を見て森を見ない石巻市と市議会の愚(産婦人科編)

市立病院への産婦人科設置の有無について、こんなやり取りが新聞に掲載されていた。 石巻市曰く…

1.平成27年度の新生児のうち85%は市内分娩施設で出生。

2.市内開業医の話では分娩施設が足りないという感じではなかった。

3.石巻日赤病院への一極集中は緩和され、開業医では里帰り出産も受け入れられるほど余裕が出来てるんですよ。

とまあ、要約するとこんな感じの答弁。

最後に病院局は「市立病院単独での産婦人科医確保は困難だとしながら、現状を分析した上で将来に向けた検討にになる」とのたまわったそうです。

まず「1」は里帰る前に出産を病院から断られた数はまったく含まれていないのです。

病院局や市議には出産を控えたママさんの声が全然聞こえてないんでしょうね。 施設の古さや医師との相性等もあって石巻での出産をあきらめるケースは別にしても、明確に開業医から断られ、わざわざ塩釜に通ったママさんも知ってます。こんなママさんは少なくないはずです。

「2」と「3」も完全に開業医と市の主観的な見方による意見ですよね?

で、最終的な答弁は簡単に言うと「うちじゃ医師を呼ぶ力もないし、開業医も足りてんじゃね?って言うから、やりませんよ」って言ってるようなもん。

つまり、付随して必要な小児科もムリね、と。

まあ、この人達に何言っても無駄な事だし、市議にもさらに踏み込む力もないようですから、こんな人達には今期限りでご勇退願いたいところです。

この状況じゃ、少子化は進む一方ですわな。

ちなみに今年の新小学一年生は千人ちょっとです。石巻市全体で!

Img_40161

« 石巻には高額アルバイトあります。 | トップページ | うわべだけの追悼に終わる、有識者(学者)の南浜議論の陰で…産廃ゴミ »

政治・行政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石巻には高額アルバイトあります。 | トップページ | うわべだけの追悼に終わる、有識者(学者)の南浜議論の陰で…産廃ゴミ »