フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 2016年10月 | トップページ | 2017年3月 »

2016.12.20

石巻市長 亀山紘さん、あなたは人の心がおありですか?

先日弊社の大事な大事な社員が石巻市立病院で亡くなりました。"がん"でした。 勤勉で技術力もあり、社内からもお客様からも好かれる人柄で、貢献度が高い社員の死は残念でなりません。 石巻日赤病院での通院治療を経て緩和ケアのための市立病院への転院でした。 市立病院の緩和ケアの実体は別の機会に書くとして、今日はタイトルの実体について書きます。 一般的に亡くなられた市民皆さんに市長より哀悼の言葉が贈られますが、届いたのがコレ。

Img_37672_3

名前、日付が"空欄" の「哀悼の言葉」なんて全然哀悼なんかしてませんよ!

こんな手抜きで市民の心が癒やされるなんて思ってやってるんだったら、いっそのことこんな愚行やめてください!

亡くなった社員は、キチンと納税もし、お子さん二人を立派にこの街で育てあげた誇るべき市民です。

ご遺族のお気持ちを考えて見て下さい。

考えるわきゃねーか。

人の死に鈍感でらっしゃるもの。

« 2016年10月 | トップページ | 2017年3月 »