フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« デング熱報道に感じること | トップページ | 障害者の歩き方 »

2014.09.10

残念なこの国の報道

報道が足りないのか?
自分がひねくれているだけなのか??
いやいやそうではないはずっ。
錦織圭選手の『準優勝』という日本人初の快挙、クロアチアのマリン・チリッチ選手の優勝で幕を閉じた全米オープンテニス。
しかし、その報道の陰でひっそりと報道されない大快挙がある。
車いすの部の男女シングルスそれぞれで、国枝慎吾選手と上地結衣選手がともに優勝!!
さらにさらに、両選手ともダブルスでも優勝を飾っている。
これを日本テニス界の大快挙と言わずして何と言おうか?
誠に残念ながらこのニュースは錦織圭選手の参考映像的に流れる程度でニュース番組やワイドショーのそれこそセンターコートを飾ることはない。ネットですら上記リンクのニュースを探し出すのに一苦労したほどである。
ましてや宮城県の報道機関と県民の皆さんに気付いて欲しいのは、宮城県に2工場、営業所(美里町、栗原市、仙台市)を有する㈱東北イノアックの親会社㈱イノアック・コーポレーションがその足である車イスの車輪を支えていることは誇りに感じて欲しい。
そんなことは「あなたが障害者になったから気付くことなんでしょ」と言われちゃいそうですが、それもそうかもしれませんが、そういったご批判を承知のうえでオリンピックの陰でひっそりと報道されることが少ないパラリンピック等も踏まえ、このような偉業や支える人々にも賞賛の拍手を送って欲しいのであります。そうした事を声高らかに伝え続けることが、いま彼らと同じ立場にある自分が出来る事だと思うのです。

« デング熱報道に感じること | トップページ | 障害者の歩き方 »

日常の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デング熱報道に感じること | トップページ | 障害者の歩き方 »