フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 弥生給与と13年 | トップページ | ただいまぁ~ »

2010.02.05

ああ、やっぱり…

昨夜、給与計算しながらテレビをつけていたら、NHKに知り合いの会社が出てきました。
経済番組っぽい内容だったんですが(番組名不詳)、いきなり知人である社長さんが
どアップで登場!
思わず飲んだコーヒーが吹き出てキーボードがベタベタに(笑)
コーヒーって何回吹いてもベタベタするんですよねー。
あの、キーを打つ度に指先にくっついてくる感触がイヤ!
っていう話はどうでもいいんで、テレビの話題に戻ります…。

内容は、中国に進出した会社を追ったルポ的なもの。
その社長さんとこは某製造業なんですが、国内での著しい受注の減少から、会社の活路を中国に求め、その様子を追っていました。
中国に工場を構え、幹部社員を移住させ、そして中国人の従業員を雇用する。
国内生産に比べ中国で製造した方が、原価を25分の1に抑えられるというから驚き。
そして、海外での受注が相次ぎ売上も飛躍的に伸びているそうです。

おとといの記事に「日本から海外に拠点に移すモノづくり企業が増えるのでは?」という話を書いたところでしたが、まさか身近なところで起きているとは!
件の会社は、本社こそ国内にありますが、製造規模においては中国工場の方が国内本社を遥かに凌駕しているそうです。
一方で、本社とはどうあるべきか、そんな悩みも抱えているようで。

んんーーーーーー、なんとも考えさせられます。

あくまでも日本にこだわり、国内でモノづくりを目指す若者を育てつつ会社を続けていくべきか、それとも「これから」に賭けて海外に活路を見いだすか。

モノづくり企業は、いま岐路に立たされているのかもしれません。

ちなみに弊社は…業種的に海外展開は難しいので国内で頑張りまーーーす!

« 弥生給与と13年 | トップページ | ただいまぁ~ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弥生給与と13年 | トップページ | ただいまぁ~ »