フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 縁ありまして | トップページ | しんきん経営塾 »

2008.07.09

とろける鉄工所

といっても、 別にうちの会社がとろけてるワケじゃありませんからー。

講談社のマンガ誌 「イブニング」に現在「とろける鉄工所」 というマンガが連載されてるんです。 (リンク先の中段に紹介文あり)
まさに業界注目!
だってねぇ、今まで鉄工場& 溶接の事がマンガのストーリーになるなんて考えられませんでしたから。
著者の野村宗弘さんは実際に広島で溶接工をされてたそうです。
で、その体験をもとに、 鉄工所の仕事の内幕や人間模様の悲哀をギャグタッチで描いているのがこの作品。
私はまだ1回しか読んだことがないのでストーリー的なコメントは出来ないんですが、 絵は凄いですね。
なんていうか保護具や治工具など「そうそう、コレ使ってるよ」 と思わず微笑んじゃいそうなほど、 溶接の事をよく分かってらっしゃる。
ちなみに現在連載中のお話は、これまた笑っちゃう 「溶接技術競技大会」に出場するという内容。
普通の人は知らないですから、競技大会(笑)
これまた丁寧に競技種目やら内容を説明してくれてます。

ともかく、我々としてはうれしい限りです。
こうやって、 マンガを通してものづくりの世界を宣伝してくれてるんですから。
いっそのこと、社団法人日本溶接協会推薦図書とかすればいいのに (笑)

普段お目に掛かる事の少ない鉄工場の世界、 ぜひ皆様もご一読ください!

【追記(09年6月8日)】
このところ 「とろける鉄工所」 という検索ワードでこのブログに到着される方が多数いらっしゃいます。 恐らく同業者の方なんでしょうか??
まあ、 せっかくなのでついでに弊社の仕事っぷりなどもご覧くださいまし。
なかなか上向きにならない経済情勢ですが、 日本のものづくりを支えてるのは私達!という気概を持って、 お互い頑張ってまいりましょう!

仕事に関するディレクトリはこちら
「仕事カテゴリ」http://gotoharu.cocolog-nifty.com/these_days/cat3846581/index.html

トップページはこちら http://gotoharu.cocolog-nifty.com/these_days/

« 縁ありまして | トップページ | しんきん経営塾 »

仕事」カテゴリの記事

日常の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 縁ありまして | トップページ | しんきん経営塾 »