フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.26

「ラブバスツアー“あいせき”2008春」を終えて

ここのところ、怒濤のようにレポートを載せてますが
実はこのイベント、やったのは3ヶ月前の話。
なので若干記憶が薄れつつあるのですが
参加者の皆様からご記入いただいたアンケート等を読みながら
いわゆる「思い出し、思い出し」総括しております。

「3ヶ月間、何やってたの?」ってのは無しでお願いします。

そもそもこの企画は、とある方の「何か面白い結婚対策事業したいねー」という一言から始まったのでした。
そこで、テレビを見ながら「あい○り」を巧妙にパクることを思いつき(笑)事業化していったのですが、実行委員会の会議を重ね色んな人の意見を元に肉付けしていった結果、結構オリジナリティ溢れる面白い企画に育っていったと思います。

「郷土愛なんて、もはや使い古された言葉で口に出すのも恥ずかしい」と思ってる方も多いですが、やはり知っているようで知らないことは多いものです。
今回体験作業の中に取り入れた「蕎麦打ち」なんてのもそう。
実際、私も知らなかったです、恥ずかしながら。
これは地域SNSで「何か面白い企画ないですかー?」と呼びかけたところ、とある方から教えて頂きました。
また、ヨシの紙漉もそうでした。
北上水辺センターは、もともとの企画ではフリータイムだけで使用する予定だったのですが、現地ロケハンに行った実行委員のC君が、たまたまそこでヨシ紙の作品を目にし「これはいける!」と思ったのが発端でした。
もちろん、C君も私もそういう物があることすら知りませんでした。
そうそう、現場からC君は鼻息を荒くして私に電話をくれました。
で、詳細を確認しに北上総合支所に行ってきた、と。
こうしたスタッフの俊敏な動きにも随分と助けられました。

そうこうして、このツアーは「ディスカバリー石巻」的要素が盛り込まれていったのです。
アンケートには「こういう体験が出来て良かった」との声がかなりありました。

一方、カップリング企画としての観点では、もう少し考えるべき点がありました。
参加者の声に多かったのが「フリータイムが多い、長い」でした。
確かに、体験作業毎に若干余白の時間があって、そこをフリーとしていたのですが、トータルで考えると、こちらとしてはそう多くないと思ってました。
実際、予定通りスケジュールは進みました。
けれども長いと感じた。
これは、参加者のケアに問題があったのでは、と考えます。
つまり、話だけで盛り上がれる人には長くない時間でも、そうではない人にとっては長く感じる、ということです。
「もう少し多くの人と会話が出来るようにして欲しい」という声もありました。
フリータイムの取り扱いと会話が出来る仕掛け、これは双方リンクするものなので、次回に向けて何らかの対策を考えたいと思います。

続いてPR体制。
諸般の事情から年度末にワワワーッとやった事業だったため、PR期間、募集期間ともに充分な日数をとることが出来ませんでした。
幸い参加者は予定人数にちょっと足りない程度で済みましたが、やはり主催者としては満席になって欲しいところ。
本間ちゃんにも、ご自分の番組で随分とPRして頂きましたが、やはり時間をかけないと世間に浸透しないのは世の常。
こちらも次回は入念に取り組みたいところです。
あと、事後PRってのも必要なんですが… 当日の模様をTVニュースや新聞なんかで取り上げてもらうと「あぁ、こういうイベントがあったんだ。じゃ次は…」なんて方向にいくかも知れません。
が、やはりイベントの特性上、参加者にとっては報道されると迷惑な話。
実際、合コンパーティーをやった主催者が、後日新聞に載った事で参加者からクレームが来た、なんて事例もあるそうです。
というわけで、事後PRとしては個人を特定出来ないように写真を加工して、こうしてブログやHPなどで細々とやっていくしかないようです。

最後に、これが最大の悩み事。事業資金です。
今回は石巻市から地域づくり基金事業助成金を頂いての実施でした。
っていうか、この助成がないと成立しません。
参加料収入だけではどこにも足りないのは明白で、この助成があるからこそ出来る事業なのです。
が、これは毎年申請して審査され、助成の可否が決まるもの。
つまり、継続してやれるかどうかなんて分からないのです。
これってどうにかならないのでしょうか…。

実はこのイベント、市議会でも取り上げられてるんですね。
これは平成18年第3回定例会の一般質問でのこと。
議員から、石巻市の結婚対策事業についてどういう取り組みをしていくのか、という質問に対し、 土井市長はこう答弁しています。

「今年度、市内の独身男女に出会いの場を提供する事業を行う民間団体に対し、市として地域づくり基金事業助成金を交付するなどの支援を行っております。
事業内容は、いしのまきラブ・バスツアーを企画し、一般公募による独身男女各20名を1台のバスに乗せ、市内の観光施設、体験型施設等をめぐるバスツアーを実施して出会いの場とするものであります。
結婚推進対策は、少子化問題や後継者問題解決のために大変重要な施策であると認識いたしております。
今後行政が直接行うべき結婚推進策をさらに検討し、あわせて民間が行う活動を積極的に支援しながら、結婚推進に全市を挙げて取り組む体制づくりや結婚推進のための行政組織の充実も視野に入れて進めてまいりたいと考えておりますので、御理解を賜りたいと存じます。」

あの、これ部長とかの答弁じゃなくて、市長の答弁ですから。
私の書いた申請書の事業内容がそのまま読まれてるのは、まぁアレとして(笑)市長自らが結婚対策事業のひとつとして私達のイベントを取り上げてくださっています。
しかも、積極敵に支援 と!
ここまで仰っていながら、毎年補助がつくかどうかプラプラなのはいかがなものか、と。
あと、議員さんも質問しっぱなしじゃなく、ぜひこのイベントを見て欲しいものです。
視察先で色んなものをご覧になって、ああしたほうがいい、こうしたほうがいい、とお考えになるのも大切ですが、うちのイベントだけじゃなく、出逢いの場を提供しようと頑張ってらっしゃる団体は他にも沢山あるのです。
むしろ、石巻ってそういう類のイベントは活発な方ですよ!
胸を張って「石巻にはこんなのがある」と逆に発信しちゃってください!

というわけで、色々と総括してみましたが細かい部分は実行委員会で拾い上げて次に活かしていきたいと思います。

次…そう、つまり助成金の申請がまず先です。
先だって、申請書は提出致しました。
そして、審査は7月13日(日) 13時から遊楽館でプレゼンテーションがあります。
今回は100名の一般公募による市民審査員が審査にあたるそうです。

青年会議所で培ったプレゼンテーション能力を120%発揮して参ります。

皆様、応援よろしくです!

2008.06.25

ラブバスツアー実施レポート その4

(前回からの続きです)

2008 03 30 128

ここは北上地区にある「にっこりサンパーク」
小高い丘の上にある運動施設です。
ここには野外音楽場みたいな所があって
その昔(20年位前)、バンドをやってた私は
地元の方主催のライブイベントに出させてもらったことがありました。
甘酸っぱい青春の思い出がある場所です。

ま、そんな事は関係なく、バスは到着しました。

最終ポイントであるここでは、 思う存分フリータイムを楽しんで頂こうという趣旨。

2008 03 30 118
どうです?  この公共施設とは思えないオシャレな充実した設備!

2008 03 30 121 
バーカウンターなんかも付いてます!

2008 03 30 122
トークのお供、お菓子も準備!

2008 03 30 138
表情をお見せできないのが残念ですが
結構盛り上がってましたヨ!

2008 03 30 143
2008 03 30 141
スタッフは しばしの休憩…

そうそう、 このイベントには約30名程のスタッフが関わったのですが
1回目のイベントとは思えないスムーズさ!(自画自賛ですが)
その道のスペシャリストが集まっただけのことはあります。
そして皆さん、 最後まで手を抜くことなく一生懸命やってくれました。
これまで私がやってきた青年会議所等のイベントと違い
これはあくまで実行委員とは言え、 皆さんのご厚意で協力して頂いてるイベント。
なので会への帰属意識というのが希薄になって当たり前。
つまり、他人事になっても仕方がないし、それは “縛りのない団体”なのですから
こちらとしても何とも言えません。
それなのに、それなのに… スタッフの弁当すら支給出来ないこのイベントに
本当に皆さん協力的に動いて頂きました。
感謝、感謝です!

…と、感涙に浸っている間もなく、 フリータイムのお時間も終了。

またまたクジ引き(笑)をして、帰路につきました。

2008 03 30 125

一日中喋り倒すつもりだった本間ちゃん& 私はここでグッタリ。
遠足帰りのバス同様、寝るわ、寝るわ。
一方、参加者の皆さんはそれなりに会話されてるようでした (多分)。

その頃、ロマン海遊21では…

2008 03 30 147

にっこりサンパークで記入してもらった告白カードの突合せ作業中。
(当方、居眠りしてて申し訳ございません)

カードには第1希望、 第2希望の方を記入して頂き
カップル成立の割合を高める作戦にでました。
さて、結果やいかに???

2008 03 30 145

夕暮れの差し迫った午後5時半、バスは終点、 ロマン海遊21に到着。

2008 03 30 146
いやはや、お疲れ様でした!

2008 03 30 158
そしていよいよ結果発表!

この時点では、私も本間ちゃんも結果を知りません。

一同固唾を呑んで発表を待ってます…

で、今回は…

 

カップル成立 3組!

 

2008 03 30 157

まずまずじゃないっすかね、この結果。
しかも、どのカップルもお似合いでした!

皆さんとっても良い表情をされてましたが
ここでお伝えできないのが残念!
モザイク越しにご想像ください(笑)

 

まあ、結構大変なイベントでしたが、 こうやって結果が出ると嬉しいですね。
カップルになられた皆様には幸多からんことを祈念致します!

そして、ご協力いただいたスタッフの皆さん、 ホントのホントにお疲れ様でした!

2008 03 30 160

さて、 次回はこのイベントの総括をしまして
このシリーズの書き込みを終わりたいと思います。

 

(つづく)

ラブバスツアー実施レポート その3

(前回からの続きです)

2008 03 30 093

さあ、やって来ました「北上水辺センター」

ここは北上川、 新北上大橋たもと付近にある施設で
眼前にはヨシ原が広がるという絶好のローション!!

2008 03 30 094

んもう、この景色だけで盛り上がっちゃいますよねー。

ここでは茅葺き屋根なんかに使うヨシを使った紙漉 (かみすき)を体験しちゃいます。

施設に到着し入口に近づくと、 なぜか中からギターの音が??
なんか歌声も聞こえる??

よく聞いてみるとスタンドバイ・ミー♪

2008 03 30 080 

なんと本日の紙漉講師、 渋谷修治さん自ら歌でお出迎えという、心憎い演出でした!
渋谷さんは地元で設計士の仕事をされているかたわら
シンガーソングライターとしてもご活躍されている方です。

渋谷さん、 ホントにキャラが立っていて独特の話術を持っています。
つーか普通に面白い!
なんでこんな楽しい方と今まで出会う機会がなかったのかと悔やまれます。

そんなこんなで、 まずは渋谷さんからお手本に紙漉をやっていただきました。

2008 03 30 060

これが紙漉キット!
やり方さえ分かればおうちでも出来そうですね。

2008 03 30 084

ポイントは固いヨシをペースト状にすること。
これはジューサーミキサーを使っていました。
あと漉き方、というか すくい方ですね。
こればっかりは修練が必要。

というわけで、今回はハガキ大の紙づくりにチャレンジ!

またもや参加者の写真はアレなんで、 本間ちゃん写真で当日の雰囲気を。

2008 03 30 085

全員が紙漉を体験したところで、乾燥タイム。

2008 03 30 103

天日干しで紙を乾かします。

参加者はその間、フリータイム♪
ツアーも中盤戦、そろそろカップルになる人達も出始めました。

最初にも書いたとおり、ここは絶好のロケーション。
かなりいい雰囲気が出来てましたよ!

プライバシーの観点もありますので、 ホントにちっちゃくですが
いい雰囲気の写真を載せちゃいます。

2008 03 30 106 
2008 03 30 116

結果論になりますが、 ここでの行動がその後を決定づけたかもしれません。

2008 03 30 098 
そうこうしているうちに紙も無事乾燥!
今日の思い出として、参加者全員にお持ち帰り頂きました。

 

ところで、 水辺センターでは日曜日にも関わらず
北上総合支所の方々にも駆けつけていただきました。
ありがとうございます。

そして、なんといっても渋谷さん。
フリータイムにはライブもやっていただきました。
さらにさらに渋谷さんの奥様!
ずーーーっと一緒に手伝って頂きました。
ラブラブを絵に描いたようなご夫婦です。

2008 03 30 115

そんな渋谷ご夫妻とパチリ!
本当にお世話になりました!

というわけで、一行は渋谷さんの歌に見送られ(笑)
最終目的地、北上にっこりサンパークへ向かいました。

もちろん、バス乗車前にはクジ引きです!

 

(つづく)

 

ラブバスツアー実施レポート その2

(前回からの続きです)

2008 03 30 042

さあ到着しました。
ここは桃生地区にある「永井いきいき交流センター」
一行はここで蕎麦打ちを体験します。
ちなみにこの施設が立地している場所は
その昔小学校(校名失念)があった所なんだそうです。
施設内には閉校当時に撮影したであろう航空写真なんかがありました。
少子化の流れとは言え、 地域から学校が無くなってしまうのは寂しいですね。

…とおセンチに浸ってる場合じゃない!

ささ、蕎麦打ちです。
ここでは「桃生蕎麦打ち愛好会」の皆様にお世話になりました。

 2008 03 30 043

会長は西條一正さん。 旧桃生町議会議長を歴任された方です。

2008 03 30 050

参加者が体ひとつで体験できるようにと
材料から道具まで、全て愛好会の方に揃えて頂きました。
本当にありがとうございます。

この桃生産ソバ粉、 実は減反の煽りから始まったものなのだそうです。
それまで水田としていた所でソバを作付けし
現在では数十ヘクタールの作付面積になるとのこと。
ソバ粉は全て山形県に卸されいています。
知らなかったとは言え、地産流出はもったいないですね。

というワケで西條会長からご説明頂いたところで
早速蕎麦打ち!

 2008 03 30 062

参加者の写真はちょっとアレなんで
本間ちゃんの体験写真でお楽しみください。

2008 03 30 053 2008 03 30 069

そして美味しく茹で上がり!
やっぱ粉から自分で打ったものは味も格別でしたね。
参加者共々美味しく頂きました!
ちなみに本間ちゃんは
「あんだは芸能人(げいのうずん) なんだがらいっぱい食わいん」
というお言葉と共に5枚も食べる羽目に!(ついでに私も)
いや、 でも会長さん直々に打っていただいたソバだったので
これはもうすんごいコシがありました。
何枚でもイケるって感じでしたね。

一方参加者の皆さんも、 共同作業を経た後だからか
食事の会話にもだいぶ花が咲いてるようでした。

そして、一行は愛好会の皆様に見送られ
次の目的地「北上水辺センター」へ。
お世話になりました!

 

…とその前に、クジ引き、クジ引き!

2008 03 30 075

そう、このバスは乗るたびに席替えするんです。
やる方も乗る方も面倒くさいんですが、 色んな人と話して欲しいもの。
それが“あいせき”のコンセプトですから。

 

(つづく)

2008.06.07

ラブバスツアー実施レポート その1

いやー皆様、若干ご無沙汰しておりました。
んもうあっちこっちから「ブログ辞めたのか?」とか 「しっかりしろ」とか
「痩せろ」とか(それは関係ないっつーの!) 様々なお叱りを頂いておりました。

私も男です。言い訳しません。
これから心を入れ替えて頑張ります。

で、何から話せばいいんでしょうか??

んだ、ラブバス!

前回、といっても3ヶ月前の記事に「運行中」 なんて書いておきながら、 さっぱり終点に着かないままでしたね。

というワケで今回はその実施レポを何回かに分けて書きます。


まずは時計の針を3月30日(日)まで戻します。

2008 03 30 001
集合場所、出発地点となったロマン海遊21
石巻駅前にある、なかなかにコジャレた施設。
石巻の観光情報を発信する基地です。

まずは準備から。

2008 03 30 0022008 03 30 003 
2008 03 30 008 

こういうイベントの場合、 いかに参加者にワクワク感を与えられるか?
その辺が大事になります。
看板、参加者のネームプレート、当日パンフレットetc.
ひとつひとつのアイテムを丁寧に作り上げました。

そうこうしているうちに、今回のツアコン、 本間ちゃんが登場!
2008 03 30 016
スタッフと入念な打合せを行います。
これから18時までの長丁場をマイクひとつで盛り上げる…
本間ちゃんと私の呼吸合わせの場でもある大切な時間です。

一方、受付の方では続々と参加者が集まってきています。
今回は男女16名づつ、計32名の皆さんにご参加頂きました。


2008 03 30 023
そしていよいよイベントスタート!
大歓声に包まれて本間ちゃん登場!
この場ではオリエンテーション、 そして参加者の自己紹介等を行いました。
本間ちゃんの「参加者いじり」は絶品!
嫌みなところが全然なく、いじられてる本人も喜ぶトーク。 さすがです。

そうそう、写真は参加者のプライバシー保護の為、 全て加工してますので。

2008 03 30 031
さあ、遂にバスツアーが始まります。
バスは畳石観光さんからチャーター。
お世話になります。

イベントタイトルでもある「あいせき」
実はこれ、知らない人同士が隣り合って座る「相席」 という意味と
石巻を愛する心「愛石」から来てるんです。

というワケで、ここからのもって行き方がミソ。
相席のやり方です。
今回我々が考えたのは、 移動のバスに乗る都度座席を変えていくという方法。
つまりは、色んな人とコミュニケーションを図れるように… という仕掛けです。
バスの手前にいる女性2名が「クジ引き嬢」で
彼女たちが持っている王様ゲームクジみたいのに座席番号が書いてあり
参加者はその番号に従って座っていくという感じです。
ちなみに「王様」ってクジはありませんから。

2008 03 30 036 
はい、全員無事座りましたね。
もちろん、バスの中でも本間ちゃんと私はマイクを握ります。
つ、つまり、これから8時間、延々喋りっぱなしってことです… 。

2008 03 30 037
後発隊のスタッフに見送られながらバス出発!

2008 03 30 038
聞いてようが、いまいが、延々喋ります。

バスは石巻駅前を出発し、三陸道・石巻河南ICへ。
一路、桃生地区を目指します。

(つづく) 

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »