フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 石巻市庁舎移転問題 市民公開座談会(1) | トップページ | 石巻市庁舎移転問題 市民公開座談会(3) »

2008.02.10

石巻市庁舎移転問題 市民公開座談会(2)

前回からの続き。

司会者からパネリストの紹介があり、 その後一人づつ持論を述べます。
積極的に移転を唱える人。
市役所機能だけではなく、他の施設も併せた複合機能を望む人。
旧石巻市時代に移転先として決定していた開北地区案を述べる人。
将来再び訪れる自治体合併も踏まえ慎重に考えるべきとする人。
それぞれの立場から様々な意見が飛び交います。

そして遂に私の番に。

さくら野移転案は中心市街地活性化策として浮上したものだと思うのですが、 行政の事務機能を担う市役所の移転問題とそれとは本質が違っており、 平行して論じられるべき事柄ではないと思います。
また、 現在報道も市関係者もここへの移転に一気に流れていますが、 もう少し慎重になるべきです。
街づくりを考えるのであれば、 例えばあけぼの地区はイオンを中心に「消費の街」 として発展していますが、 ではこの地区はどういった街にするのか。
そうしたベースがあっての事だと思うのです。
そういった意味から、 私はちょっと違った考えを持っていますので、 後ほどお話していきたいと思います。

シーンと静まる会場。拍手ひとつありません。
目の前からは某市議の突き刺さるような視線。
背後からは商工会議所関係者の威圧感。

しかし、逆に「これはイケるな」と私は思いました。

もし、ここにいる皆さんが移転に前向きなのであれば、 積極論者の発言には大きな拍手が起こるはず。
ですが、実際はホントに、 ごくわずかにパラパラと拍手があった程度。
一方、私が発言した時、会場は確かに静かでしたが、それは、 しらーっとしたものではなく、時折うなずいてくれる、 耳を傾けてくれる感じでした。

人に自分の意見を聞いて欲しいとき、 理解して欲しいときは、 一気呵成に持論をまくし立てては逆効果。
じっくりと相手の、周囲の様子を見ながら、 慎重に言葉を紡いでいく。
そして、ここだと思った瞬間にヒートアップさせながら話す。
これは、ラジオやMCの世界で、 また青年会議所の活動の中から得た術であり、 私の貴重な財産です。

で、この場合は慎重さを崩さずに、 次への興味を持続させるためにも本題は先送りしました。

さて、座談会は一人づつの発言が終わったあと、 いよいよフリートークへ。
と、その話に入る前に、 次回は発言要旨をまとめる際に調べた事を書いてみます。

(つづく)

« 石巻市庁舎移転問題 市民公開座談会(1) | トップページ | 石巻市庁舎移転問題 市民公開座談会(3) »

政治・行政」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ
関が原戦後、団塊の世代の事件として、伽羅先代萩、
伊達騒動の冤罪性を、描いてます。

長野県伊那市で、保科正之公を大河ドラマにする会の
署名運動をしているので。
保科正之っていったら伊達騒動なので。
伊達騒動っていったら、サンフアン号なので。

遊びに、きてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/40066367

この記事へのトラックバック一覧です: 石巻市庁舎移転問題 市民公開座談会(2):

« 石巻市庁舎移転問題 市民公開座談会(1) | トップページ | 石巻市庁舎移転問題 市民公開座談会(3) »