フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 身軽になる! | トップページ | 都市をプランニングする »

2007.11.19

第62回宮城県駅伝競走大会

皆様、お久しぶりです。

さて、 唐突ですが昨日は第62回宮城県駅伝競走大会が石巻市内で開催されました。
私は昨年に引き続き、 中継車からの実況を担当しました。
自分としては、糞尿(笑)の心配もあり、 是が非でも後進に道を譲りたかったのですが
あえなく要請を受け入れざるを得ず、今年も… ということに相成りました。

てなわけで、恒例のスタート前。

 2007 11 18 001

駅伝名物、陸上自衛隊の車輌でござひます。
監察車、本部車等々、様々な役割を分担しています。

で、我が中継車は…

2007-11-18-002

隊列の一番後方、白バイの前に陣取りました。

しかーし、今年のラジオ石巻はチト違う!
昨年は自衛隊車輌をお借りしての中継でしたが
今回は自前!

2007 11 18 003

開局10周年を記念して半年前に導入した、移動無線車!
名付けて「らじいし号」!

2007 11 18 004

ネーミングとカラーリングは…まあアレですが(笑)
コースのほぼ全域をカバーする優れもの!
これに乗り込んで中継を行いました。

そして、 今年も解説は聖和学園高等学校 陸上競技部顧問の太田恵先生
あのシドニーオリンピック女子1万メートル代表・ 高橋千恵美選手を育てあげ、
陸上の名門・聖和を創り上げた名将です。
軽自動車ならではの密着感で、 太田先生と大いに盛り上がりました。

 

さて、肝心のレースの方ですが、 こちらも例年にもまして盛り上がりました。

ディフェンディング・ チャンピオン東北高校が今ひとつ調子の上がらない中、 一昨年まで5連覇を果たしていた東北福祉大学Aチームか余裕の快走。
一方、仙台育英学園クラブ(一般・高校生混合) は順天堂大時代に箱根を制した清野選手を1区に起用、 トップに躍り出ましたが2区で2位に。しかし、 続く高校生達がその貯金を活かし終始2位をキープ。
3位には東北福祉大学Zチームが付け、 最終区である7区まで順位は不動のまま。
私達中継班は、 1位と10位の差が時間的に5分以上あったため、 ある時は1位~3位の選手を追い、 時折空き地に駐車して下位チームを待ったりと、 試行錯誤しながらの中継でした。
最終区では後方集団から徐々に前の方へ移動、 順位を確認し残り2kmのところで選手と分岐し、 先回りしてゴールで選手の到着を待ちました。

トップはやはり東北福祉大学Aチーム!

そして2位は仙台育英学園クラブだろうという予想のもと、 太田先生共々中継を続けていましたが、 ゴールに入ってきたのは東北福祉大学Zチーム!
どうやら仙台育英のアンカーは、 私達が分岐したのち何らかのトラブルがあったらしく、 片足を引きずりながら5位でゴールイン。
いやはや、 スポーツ競技は最後まで何が起こるか分からないものです。

最終的な順位は
1位 東北福祉大学A
2位 東北福祉大学Z
3位 東北学院大学
4位 YKK AP東北
5位 仙台育英学園クラブ
でした。(6位~39位は新聞報道でご確認を!)

優勝チームインタビューで 「昨年は高校生に負けて悔しかった。雪辱が果たせて良かった」 と、アンカーの高橋選手は語っていました。
まさに東北学生駅伝覇者の面目躍如でしたね。 おめでとうございます!

« 身軽になる! | トップページ | 都市をプランニングする »

ラジオ・MC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/17119038

この記事へのトラックバック一覧です: 第62回宮城県駅伝競走大会:

« 身軽になる! | トップページ | 都市をプランニングする »