フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 第62回宮城県駅伝競走大会 | トップページ | お若い??溶接士さん »

2007.11.20

都市をプランニングする

住居地域、工業地域、準工業地域、商業地域etc.
ある程度社会生活を営んでる方なら、 一度は耳にしたことがある言葉ですよね。
コレ、行政で言うところの都市計画に関する用語なんです。

昨日は、総合体育館2Fで行われた 「石巻市都市づくり検討会議」というものに出席してきました。
この会議体は、平成20年度中にまとめられる石巻市の 「都市計画マスタープラン」(作るのは役所の人)に、 住民の意見を反映させようという目的でこの度設置されたものです。
で、都市計画っていうのは、 細かく説明するとめんどくさいので簡単にまとめると…

・無秩序に建物があちこちに建ちゃうと、 住みにくい街になっちゃう。
・だから、ここには自然を残して、 この辺は住宅を集めて
 んでもって工場などはこの辺に…と、 理路整然と用途別に建物などをまとめましょう

というものです。
従って、住宅地帯に工場は建てられないし、 工業地帯に学校は建てられない…と、様々な制約が出来ます。
まあ、そうすることによって、住みやすく安全・ 安心な街が出来るのです。
で、今回は一昨年の合併に伴い、 新市としてのマスタープランが必要となり、そこで旧町・ 旧市別に、 様々な立場の住民から意見を聞こうとなったわけです。
ちなみに市では、三千名の市民から、 これに関するアンケートも実施するそうです。

さて、 図らずも私はこの会議体の委員長という職を拝命しました。
17万市民の代表として意見を具申する重責ですので、 しっかりとやり遂げたいと思います。

さて、第一回となった今回は、 22名の委員が2班に分かれて、 ワークショップ形式で中心市街地について考えました。

中心市街地… 私にとってこのキーワードはトラウマなんですよねー。

昨年、 商工会議所のこの問題に関する検討会議に参加したことがあったんですが、 座長の大学の先生が、初回からコンパクトシティの方向に持ってこうってのがアリアリで、 辟易したんですよ。
いや、分かるんですよ、コンパクトシティがいいってのは。
でもね、もはや中心市街地の問題ってのは、 明日をも知れぬ死活問題、緊急事態なんですよ。
悠長に、将来的には高齢者用の居住地を整備して、 身近なところに医療や福祉、商業施設を集めましょう… なんて話してる場合じゃないのでは、と。
なんかそんな絵空事に嫌気がさして、 2回目からはご遠慮させていただいたんです。

そんなこんなで「あぁ、ここでもまたか」と。

しかし、いざワークショップに入ってみると、何か違う!  雰囲気が!

それこそ、ああすればいい、こうすればいい、 と色んな意見が。
正直、 今までエライ人を集めた会議では聞くことの出来なかった新鮮な意見がたくさん聞けました。
残念ながら、 答申に至るまでは勝手に中身を書いちゃいけないと思うんで、 この場では私の意見のみ書いておきます。

石巻の人って、どこかせっかちなんですよね。
お買い物するのも、ドア・トゥー・ ドアじゃないと気が済まない人が多い。
車のドアを開けたら、そこはお店の玄関じゃなきゃ…という。
でも考えて見て下さい。
イオンのあの広大な駐車場に車を止めて、んでもって、 あの広大なショッピングセンターをみんな歩いてるじゃないですか。
要するに、車で行けなきゃ人は歩く。
歩くから賑わいが出来る。
車が通らないから道をギャラリーにも出来る。
露店だって出来る。
もっと街を魅力的にディスプレイ出来ると思うんです。
なので、例えば寿町通りを通行止めにしてみたらば、 と勝手に考えてみました。
これって、 警察や行政の諸問題をクリアすれば直ぐに出来ませんか?
ま、出来れば立町通りなんかも、 道路を土で埋め戻して並木道を作って、 子供たちが安心して遊べる公園を整備したら楽しいんではないかと。

そんなこんなで、 22人22様の意見が飛び交ってました。
これからが楽しみです。
もちろん、このブログでも、 続報はお伝えしていこうかと考えてます。

そういえば、 石巻かほくと日日新聞にトップでこの会議の事が載ってました。
ご参考までに載っけておきます。

20071120194804754_0001

20071120194706328_0001

 

« 第62回宮城県駅伝競走大会 | トップページ | お若い??溶接士さん »

政治・行政」カテゴリの記事

コメント

愛読者さん、それこそいつもご愛読ありがとうございます(笑)
さて、ご質問の件ですが、それはないです。
人にはそれぞれ立っているステージがあり
私の場合は会社経営もありますが、人に面白がられる、あるいは楽しんでもらうことに生き甲斐を感じる、
そんなステージに立っている人間です。
一方為政者は、例え人から恨まれても己の信念を貫き通し、
市民・国民の為に働ける強い精神力を必要とするステージに立っている方々です。
(ま、全部が全部そうとは言い切れませんけど)
この2つのステージは相反するもので、到底私如きには両立させることは出来ないと思います。
東国原知事などは、それが出来る希有な方なんでしょうね。
というわけで、私は民間人、経済人としての立場から、色んな事を仕掛けていきたいと常日頃考えています。
しっかし、タレントすか~!
そういう活動でギャラもらったことないんで、やっぱ素人芸人でしょうね(笑)
これからもご愛読よろしくお願い致します。
貴重なご意見、ありがとうございました!

後藤さん、初めまして!
いつもブログ、楽しく拝見させていただいております。
ここ最近は更新が止まっていて心配しておりましたが、ご活躍のご様子、なによりです。
さて、ブログを読んでいて常々感じていたのですが、後藤さんは政治家にはならないのですか?
後藤さんの様な方が市長になったら、石巻もどんなに楽しくなることか。
宮崎県の東国原知事の様に、タレント市長としてご活躍される姿、ぜひ見てみたいです!
きっと市民も将来に期待出来る町になるはずです!
都市計画の記事を読んで、思わずいてもたってもいられず余計な事を書いてしましました。
これからもブログ楽しみにしております。
頑張ってください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/17131867

この記事へのトラックバック一覧です: 都市をプランニングする:

« 第62回宮城県駅伝競走大会 | トップページ | お若い??溶接士さん »