フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.18

サンファン祭りデス

明日からはいよいよサンファン祭り!
詳しくは…

宮城県慶長使節船ミュージアムHP
石巻青年会議所HP

をご覧くとして…

今年で第14回を数えるこのお祭り。
思えば立ち上げから関わっているので
もう14年もサンファンと共に歩んでいるワケです。
その間、色んな事がありました。
あ、またここで走馬燈になりそう(笑)

私はJCの担当する部分、 そしてラジオ石巻では現場のリポートやります!
皆さん、ぜひぜひ、遊びに来てくださいネ!

2007.05.17

走馬燈のように…

弊社は3月決算なので、5月末が申告期限となります。
本日、会計事務所の担当者の方と共に最終の大詰め作業。
今は帳簿をつける(書く)等といった作業はなく、 全てPCの会計ソフトへの入力。
しかし、 仕入伝票や請求書と帳票データが微妙に食い違っているところもあり
合わない箇所は一件一件丁寧に調べていきます。
特に売上などは、 進捗率による計上といったこともあるので神経を使います。
というわけで、一枚一枚請求書をめくっていると…
ああ、 この工事の頃はこんなことがあったなぁー とか
これをやるのには難儀したなぁー 等々と
ついでに思い出が巡ったりします。
そう、走馬燈のように…

で、走馬燈って なんスか??

 

よく、こんな場面で使う言葉ですが、 あまりにもスタンダードな表現ゆえ
走馬燈が何なのか、調べたことがありません。

というワケで、この機会に調べてみました。

走馬灯(そうまとう) とは内外二重の枠を持ち、 影絵が回転しながら写るように細工された灯篭の一種。 回り灯籠とも。江戸中期に夏の夜の娯楽として登場し、 俳諧では夏の季語。
近年では、人が死に際に体験するといわれる (臨死体験をした人が「見た」と語っている) 一生の記憶のリピート現象の表現として用いられている (走馬灯現象または走馬灯体験)。 むしろ実物を目にする機会が少なくなっているため、 走馬灯という単語はこの現象そのものを指すものと誤用される場合が多い。

だそうです。

ついでに、走馬燈の仕組みについて。

走馬灯の仕組みは、 基本的に影絵芝居と共通する。光源は蝋燭 (現在は安全のため電気式のものが普通)で、 二重の枠のうち紙を張った外側の枠がスクリーンになっている。 内側の枠の軸に人や馬の絵を切り抜いた紙を貼る。
ひとりでに影絵が動くのは、 この内側の枠の構造に工夫があるからである。 枠に取り付けられた軸の上に風車が付いており、 蝋燭の熱が空気を暖めて起こる上昇気流を受けて回転する仕掛けになっている。 そのため、内枠に取り付けた絵の影が回転する。
もともと影絵ということもあって地味なものだったが、 現在はカラーセロファンなどの普及によって鮮やかな色つきの影絵が写るものもある

ということです。
思わず本題からそれたような気がしますが、ま、いいです。
走馬燈、面白そう。
作ってみっかな!

もちろん、決算終わったらね。

2007.05.16

義理人情

本日、というかつい先ほど、 気仙沼JC畠山広報委員長がご来社。
とある方を例会の講師でご紹介したのですが、なんと! その御礼でみえたのです。
ご本人曰く「仙台で会合があって、その帰り道で寄りました!」 と言っていたのですが
仙台~気仙沼の間に石巻はありません。
わざわざ寄ってくれたのになんと奥ゆかしい。
逆にこちらこそ恐縮です。
JC(青年会議所)には、 こうした義理人情を通す良さがあります。
メールや携帯でやり取りしていればそれまでですが
こうして直接お会いすることで、 また新しい繋がり出来上がります。
VIVA!JC!

気仙沼JC6月例会の盛会を祈念いたします!

2007.05.15

想定外??

悪い予感が的中した。

赤ちゃんポストに3歳児

3歳ともなれば、話も出来るし、 ある程度は状況を飲み込める。
事実、その男の子は自分の名前が言えたという。
本当にこの子が可哀想だ。胸が締めつけられる思いだ。
病院ではこの一件を想定外と言っているが、果たしてそうか?
新聞やTV以外の情報しか得られない宮城の片田舎に住む私でさえ
あれだけの大きさがあれば5歳くらいの子まで入るんじゃないか? と思った。

新しい制度や仕組みを運用する際は
あらゆる事態を想定しなければならない。
ましてや人の生命に関わることならば。

現在、 熊本県警では身元の特定を急ぐと共に
保護者から事情を聞く方針だという。
どのような結論になるにせよ、
この男の子の将来が幸せであることを願ってやまない。

2007.05.14

新しい文化

先日、とある雑誌で任天堂の歴史を読んだ。
任天堂と言えば、古くはファミコン、 現在もWiiやニンテンドーDSがヒット商品となり
名実ともにゲーム業界の雄である。
とりわけDSは携帯性の良さと大人向けのソフトが充実していることも相まって
子供がいる家庭のみならず、 もはや一家に一台の勢いで普及している。
花札やトランプの製造販売からゲーム業界の牽引役へ。
この企業の成長速度には目を見張るものがある。

先日、新幹線での出来事。
途中の駅から乗った小学校中学年ぐらいの子が
リュックからDSを取り出してやりはじめた。
イマドキだなぁ…などと思って辺りを見渡すと
実はその車両には5~6名ぐらいの子供が乗り合わせていて
全員がDSをやっていたのである!
どおりで子供がいるかどうか分からないくらい静かなわけである。
これを新しい文化と捉えるのか、ゲームばかりして… と顔をしかめるべきかは
別の議論として、この定着ぐあいはもの凄いと思う。

かつて携帯電話がこの世に誕生した頃、
金持ちの道具とか、そんなに頻繁に電話するほど忙しいのか!?
等々と、 ひがみやっかみも混じった受け入れられ方だったが
いまや携帯は日常欠かせないものになってしまった。
あの頃、こんな状況を誰が予想しただろうか?
しかし、この携帯電話の普及と共に、 色んな弊害もあることにはある。
・いつ電話が鳴るかと四六時中落ち着かない
・簡単に個人とつながるツールだから、 色々と問題有り
 つながらない時間があったりすると「どこ行ってた?」 等
・メールの普及による会話の減少
・出会い系サイトなど副産物による諸問題 etc.

きっとDSも、 これほど普及すると何かあるかもしれない。
そうした弊害も合わせながら新しい文化を許容していくのが
現代の賢い乗り切り方なのだろうか?

2007.05.07

石巻の根っこが出来たみたいです。

月末の業務繁忙期→ゴールデンウィークと続き、 ブログはお休みしてましたが、今日から復活です。

さて、本日石巻市役所から「石巻総合計画~基本構想」 が送られてきました。
これは平成19年度から平成28年度までの石巻市の将来像を示すもので、 さらに、これを実現するための施策の“おおもと” をまとめたものです。
この基本構想が根っこだとすると、「じゃあ、 それを具現化するために何をやるんですか」 という枝葉の部分が必要になりますが、 それは今後3年間で検討され、 実施計画という形にまとめられます。
というわけで、この総合計画は行政にとってバイブルとなり、 これにあるものは“やる”方向で検討されていきます。
逆にないものは極端に言えば“やらない”ことになります。
なので、私達住民にとっても、これは気になります。
ちなみに私も以前このブログで書いた通り、石巻市住みよい街づくり研究会の一員として計画の基礎の基礎部分にタッチしていたので、 それがどういう風に反映されているのか興味があります。
全75ページ。
これから徐々に読み進めていきますが、 その感想などはまたこのブログに書いていきたいと思います。

P5070097

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »