フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 目指すべきもの | トップページ | 看板のお話 »

2007.04.15

ブライダルシーズンだ!

2007 02 25 018今年は何気に身近で結婚する人が多く、 ある意味“当たり年”です。
ちなみにこの写真は、2月に執り行われた石巻JC事務局員 (女性)の披露宴から。
来週はラジオ石巻の女子アナさんが、 再来週は新郎新婦とも石巻JCのメンバー、 と平均月イチのハイペース。 その後も3~4組くらい予定されそうなカップルがあるので、 近年希にみる御祝儀イヤーになりそな予感です。 おめでたいことです。
さて、この結婚披露宴もここ数年で結構様変わりしてます。
まず、お仲人さんを見かけなくなりました。 変わって登場したのが“人前式”なる行事。
また、オープニングを和装で飾るカップルも少なくなり、 従って“長持ち唄”で登場! なんて場面も滅多に見られなくなりました。
その分、余興の時間を多く割いて、職場やサークルの仲間、 同級生などが趣向を凝らしたアトラクションを展開するようになりました。
かく言う石巻JCにも「パチパチパンチ」「花火」等と言った、 下品と上品のキワにあるようなお家芸があります。

ご両家相まみえて伝統の行事を粛々とこなす披露宴から、 仲間達が中心になって祝うパーティーへ。
時代の感覚に合わせ、 披露宴のあり方も変わってきているようです。
その中で、新郎新婦の思惑とご両親の思惑がずれ、 せっかくのお祝いなのに揉め事となってしまうケースがあります。
綺麗事を言えば「双方譲り合い…」ということですが、 やはり一番考えるべきなのは、 わざわざお越し頂くお客様が気持ちよく祝える設営、 なのではないでしょうか。
ここ数年は披露宴で司会をやる機会も少なくなってしまいましたが、 自分が担当させていただいたカップルには、 この様な話をさせていただいております。
何はともあれ、 毎週んまいものが食べられるのはありがたいです。
私を招いて頂く方にはぜひ「肉中心」 の祝い膳となりますよう御祈念申し上げます(笑)

« 目指すべきもの | トップページ | 看板のお話 »

日常の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/14684809

この記事へのトラックバック一覧です: ブライダルシーズンだ!:

« 目指すべきもの | トップページ | 看板のお話 »