フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.13

カンタービレは遠くになりにけり

1月11日深夜、いてもたってもいられず目が覚める。
なんたって今日はアニメ版「のだめカンタービレ」 が始まる日!
ビデオはセットしていたものの、 やぱり一回目ぐらいはリアルタイムで観たいもの。
しかし、待てども待てども始まらない??? なぜ???
もしかして、一週間間違えてる???
確認のため番組HPをチェック。
アレ? やっぱ今日だ。
だが待てよ…よく見ると放送エリアに仙台放送が入ってないっ! !
どうやら宮城県では放送の予定がないみたいです。

ムッキィー!!

というわけで、この「のだめカンタービレ」。
ドラマ版は昨年末に終わりましたが、 すっかりはまってしまいました。
内容をすごく簡単にまとめると…
野田恵(通称のだめ)という音大生(ピアノ専攻) と千秋真一という指揮者を目指す天才学生の二人の関係を軸に進められるクラシック音楽をベースにした漫画作品、 これをドラマ化したものです。
視聴率も結構良かったみたいですが、 何よりこのドラマが残した功績は、 世間の耳目をクラシック音楽に引きつけたことでしょう。
私も幼少の頃からバイオリンやピアノと音楽の英才教育を受け… というのは真っ赤なウソで、中学校で吹奏楽をやって以来、 クラシック音楽には慣れ親しんで来た一人。
ところがあまたある音楽ジャンルの中ではかなりマイナーな存在で、 それこそCDショップを除いてみても、片隅に 「一応あつかってますよ」的にこっそり置かれている状態。
中高の吹奏楽部なんかでは男子の部員はあまり見かけることもなく (私の頃は半々ぐらい)、おいおい、 このまま日本からクラシック音楽が消えちゃうんじゃないの?? と思うぐらいの衰退ぶりでした。
ところがどうですか!
今やCDショップに行ってみると、 「のだめカンタービレで使用された作品です」 コーナーがあったり、 ドラマのBGM集がオリコンアルバム部門でランクインしてたり。
いやー、TVの力って大きいですねー。
ちなみに、 うちの息子が通うピアノ教室では4月に発表会があるんですが、 みんなベートーベンの7番を弾きたいって言ってるらしいです。
この7番ってのは、交響曲第7番のこと。
ベートーベンと言えば第5番「運命」とか第9番「合唱付き」 が超メジャーで、 よほどの通でもない限り7番なんて聴いたことある人は少ないはず。
それが小学生ぐらいの子達が、 本屋でのだめの単行本を目にすると口ずさんじゃったりしてますから。
すごい現象だ。
このままクラシック音楽が盛り上がってくれるとうれしいですね。

さて、音楽と言えば、 昨年末にちょっとショックなニュースに出くわしました。

石巻かほく 「40年の歴史閉じる~石巻なかよし音楽会」

詳しくは記事をご覧ください。
なかよし音楽会は石巻の小・ 中学生だったら1度は出演したことがあるはず。
私も小学生の時は合唱で、 中学校では吹奏楽部でそれぞれ出演したことがあります。
よほどのことがない限り、 小学生にとって市民会館のステージに立つなんてのはこの音楽会が初めてなワケで、 んでもって自分も演奏しつつ1日どっぷりと他校の演奏につかれるので、 子供達にとっては音楽教育の中でもとりわけエポックメーキングなイベントなのです。
言ってみれば全市的な子供達による音楽祭。
それが費用面で中止になるのは本当に情けない。
そもそも会場費を半分取っていることもどうかと思いますが、 公費負担もなく先生方の自助努力でやって来たというのは驚きです。

ところで皆さん、この中止を軽くみてはいけませんよ。
子供達にとっては唯一の「音楽を演奏する楽しさ」 「音楽を聴く楽しさ」を奪われたのに等しいです。
教室でクラスの人達相手にリコーダーを吹くのと、 市民会館の大ステージに立って数百人の聴衆を前にして演奏するのとでは感動の度合いが違いすぎます。
そうした実体験が出来ないとなれば、 恐らくかなりの割合で音楽に興味を持つ子供が減るのではないでしょうか。
この音楽会はそれほど重要な意味を持つ行事なのです。
これまで努力され活動を続けてこられた先生方には、 本当に敬意を表します。
と同時に、 何らアシストできない行政側の知恵の無さには全く腹が立ちます。
例えば市民会館の使用料。
1校の吹奏楽部が定期演奏会で使用するとなれば、 それは音楽教育の中で必要不可欠ならざる行事とは言えないので、 使用料を徴収するのは是だと思います。
しかし、なかよし音楽会の場合は全市的な行事。
そこに使用料を徴収する意味があるのでしょうか?
また、その他の費用捻出の面でも、 ヤマハやカワイといった楽器メーカーの冠をつけるとか、 もしかしたら市報同様、 直接音楽に関わりがなくてもスポンサーを名乗り出てくれる企業があるかもしれません。
また、市内で音楽教室を主宰されている先生方だって、 何かの援助をしてくれるかもしれないのです。
その声掛けを現場の先生方にやれというのは酷な話で、 これはどうあっても行政側のアシストが必要です。
確か、 そういうのを専門にやってる財団ってありませんでしたっけ?
金がないから何もしない。これでは衰退を招くばかり。
だったら知恵を使えばいいのです。
ところでこの件について、 市議会では何か話が出ていないかと議会議事録を検索してみました。
ヒット0。
そうですか、市議の皆さん、 子供達の音楽なんてどうでもいいんですね。

そんなワケで石巻の音楽教育は一歩後退してしまいました。
仕方がないので仙台放送さん、 石巻の子供達の為にもぜひアニメ版 「のだめカンタービレ」 放送してくださいよー!

2007.01.09

遂に決着がつく!

本日の石巻かほく1面トップを見て、 思わずガッツポーズ。

実は、ここ数日「政党は今」 と題した特集記事が組まれている。
石巻地方における各政党の動きを追ったものなのだが、 今春の統一地方選挙で宮城県議会も改選を迎えることから記事にも熱がこもっている。

で、何に喜んだのか。

記事の中に某県会議員のインタビューが載っていた。
「県議選ではローカルマニフェストをつくって政策で臨みたい」

私は一昨年、石巻JCの理事長として石巻市長選、 市議選の各立候補者に対してローカルマニフェストの推進運動を行った。
(この辺りの出来事は当ブログの「政治・行政・ マニフェスト」 のカテゴリーをご参照のこと)
ローカルマニフェストとは、簡単に言えば有権者に対し数値、 工程、期限などを明らかにした事後検証可能な政策を示す。
これにより有権者は政策本位で候補者を選択することができる。
つまり、地縁、血縁に頼らない、 候補者の質が問われる選挙を実現することができる。
この年は、 全国の青年会議所が重要課題のひとつとしてこの運動に取り組み、 現在もスタンダードな活動として続いている。

さて、この時、私は一本の反対意見の電話を頂いた。
それが件の県会議員の方である。
内容はこうであった。
「執行権限のない議会議員にマニフェストは作れない。 作れたとしても絵空事。あなた達の活動は間違ってる」
普段は温厚で、私と多少なりとも交流がある方ではあったが、 電話の向こうから聞こえる声は明らかに怒っていた。
負けずと私もやり返した。
「執行権限はなくても具体的な政策は出来るはず。 現にやっている議会選挙もある。 従来型のスローガン連呼では政策とは呼べない。 それに4年後その政策が実現されていなくとも、 努力した姿勢はひとつの成果として有権者は捉えるのではないですか」
1時間はやり取りがあったのではないだろうか。
結局どういった言葉で最後を迎えたかは記憶がおぼろげで定かではないが、 平行線のままだったのは覚えている。

この電話の1件は、その後も喉に刺さった小骨のように、 自分の意志に時折小さな揺さぶりをかけてきた。

本当に間違っていないのか?
正しいのは○○先生の方じゃないのか?

その後、ローカルマニフェスト地方議員推進連盟なる団体が発足。
議員側からの動きが全国的になったことにより自分の迷いも消えたが、 それでもなお頭の片隅には1点のシミがあり晴れることはなかった。

ところが今日、思いもよらずそのシミは消え去り晴れ上がった。
反対だった方が、推進する側に転じてくれたのである。
ただ、恐らくこれは我々の運動の成果ではないと思う。
政党の事情、世の中の流れ、 様々な要素が重なり合った結果ではないだろうか。
それにしても自分の中では最強の反対者だっただけに、 その喜びはひとしおである。

3年越しのモヤモヤに遂に決着がついた、 今日はそんな日である。

2007.01.08

謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

思えばこのブログも足かけ3年目。
役職名同様、もはやJCにおける存在自体“いっちょ上がり” 感が漂ってますが、
新担当委員長のご厚情により、 今年も石巻JC公式ブログのひとつとして
ネットの片隅に置いていただくことになりました。
昨年は諸般の事情からちょっとスローペースの更新でしたが、 今年は私自身JCラストイヤーということもあり、 バリバリ書いていこうじゃないの…とは思ってます、ハイ。
(青年会議所=JCは40歳になる年で卒業となります。 だって40で青年って…)

ところで先日、石巻市・ 石巻商工会議所主催の新春賀詞交歓会という行事がありました。
市内政財界の重鎮やセレブが集う年初の大イベントなんですが、 我々JCメンバーもその末席に。
これは決して我々が重鎮・ セレブの仲間入りというワケではなく、重鎮・セレブの方々に 「今年もJCをよろしくお願い云々」 というロビー活動なのであります。
私は理事長経験者として、 相澤新理事長以下執行部のメンバーをご紹介する役回り。
多くの方々と懇談させて頂きましたが、 皆さん口々にこう言われておりました。
「若い人達が何とかしてくれ」と。
この“何とか”という部分は、 それぞれのお立場で色んな意味が含まれますが、 要するに石巻の覇気の無さを嘆いておられるのです。
これはどうしてなんでしょうか?
様々なファクターが考えられますが、 自分ではどうにも出来ないものもあり悶々としているのも事実です。
が、ここで考え込んでいても仕方がないので、 自分が出来るであろう事を今年の目標として、 パーテイション毎にここに書いてみたいと思います。

【JC編】
何はともあれ公式ブログですのJCにおける目標から。
どうあがいても今年で終わりなんで長期ビジョンは描けません。
ならばどうするか?
これはもう今まで先輩方から教えていただいたこと、 経験から学んだ事等々を後輩に伝授していくより他ありません。
昨年は宮城ブロックでこうした機会に恵まれましたので、 ラストはLOMで。
あとはアレですね、最近皆さん小さくまとまってるというか、 無理してないです。
人間成長していく為には必ず無理すること(無茶するとも言う) が必要です。
大変だけどちょっと頑張ってみる、 これを繰り返すうちに成長していくものだと思うのです。
とは言え、 人様に無理を強いては私自身の成長もありませんので、 もちろん最後の最後で私も皆さんと一緒に無理してみるつもりです。

【まちづくり編】
近頃ほんとによく感じるんですが、毎度お馴染みだなぁーと。
石巻地方にはそれこそ色んなイベント、出来事があるんですが、 やってる人、仕掛け人、スタッフどれをとっても同じ顔ぶれ。
たまに役所の会議等に参加する事もあるのですが、 そこも同様のメンバーだったり。
というわけで今年は新たなまちづくりの担い手を発掘したいと思います。
既にその企画第一弾は考えてありまっせ。
まだ計画途上なので全貌は明かせませんが、 詳細は追い追いこのブログにて。

【経済活動編】
もちろん仕事もやりますヨ!
これが私の根幹を成すものですから。
おかげさまで昨年は弊社にとって良い一年でした。
社員の全国溶接競技会4度目の出場、 高度熟練技能者の認定、 そして暮れには社長が宮城県より卓越技能者 (みやぎの名工)として表彰を受けました。
こうしたひとつひとつの実績の積み重ねを何とか業界全体のイメージアップにつなげられないかと考えています。
自社の利益のみを追求していては、 翻って会社自体の成長も将来もありませんから。
ものづくりの担い手をどうやって確保していくかという課題も急務です。

【DJ(MC)編】
ここ数年はJCに時間を取られることが多く、 ラジオでは週イチの番組をやることすらままなりませんでした。
おかげでリスナー離れは著しく、 現行やっている番組にはほとんどメール・FAXは届きません。
やはりリスナーあってのDJですから、 ここはひとつ踏ん張ってみたいと思います。
具体的なプランはまだありませんが、面白いもの、 あっと驚く様な事をしてみたいです。
あと、昨年末、サンファン館のイブロマンスパーティーというカップリングパーティーの司会をさせて頂いたんですが、 やっぱイベントの司会って楽しいですね。
MCやってて一番楽しいのはお客さんから反応があること。
そういう意味でイベントは最高です。
ぜひぜひ機会がありましたらお声掛け頂きたいと思います。

 

とまぁ、ずらずらっと書いてみましたが、大変だなぁ。
まずいい、がんばっぺ!

以上、新春における私のマニフェストでした!

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »