フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 日本JC褒賞に申請してみました! | トップページ | 未来ある若者の為に »

2006.08.13

ちょうど一年前…

最近、宇多田ヒカルよりもミラクルひかるの方が気になる後藤です。

全国のお父さーーん、家族サービスしてますかー?
私は今日も仕事でーす。
おかげさまで私の会社が属する業界は、このお盆、 どこも忙しいらしく、どこへ行っても「時間が足りない」 「人が足りない」「俺が3人いればなー」と、 いい意味のため息があっちこっちで聞かれます。

さて、昨日褒賞の話を書きましたが、 資料を整理してた時に、懐かしいものを発見してしまいました。
話はちょうど一年前にさかのぼります…

 

昨年はそういうワケで、年中ほとんど家にいることなく、 家族もほったらかしでした。
で、せめてお盆休みだけでも… と思い小岩井農場とやらに遊びに行ってきました。
しかーし、どうしてもやらなけらばならいことが。
電話つないでラジオ出演ってのが。
ラジオ石巻の番組だったら日を改めてもらうところなんですが
なんせそれがkiroroさんの 「ほっとぽっとキロロ」 という番組。
これは全国のコミュニティFMで流れてる番組で、 各地のDJに電話インタビューしながら、 その土地の話題を話すといった内容。
スケジュールも月間で決まっているらしく、 どうしても動かせないとのこと。
ま、電話なら楽勝!と思い軽々と引き受けてしまったわけです。
前日、 プロデューサーさんから話す内容をホテルにFAXしてもらい内容をチェック。
当日も、こちとら羊にエサやってる最中でしたが、 ご丁寧に2時間前「大丈夫ですか、よろしくお願いします」 の確認電話。
頭がさがります。つーか、プロデューサーさん、 遊んでてごめんなさい。
番組まではまだ時間があったので、取りあえず昼ご飯。
小岩井といえばジンギスカン!
さっき餌をあげてマルマルと肥えた羊ちゃんを新鮮なまま頂きました (うっそー)。
いやーージンギスカン大好き!
んもうチョー好き。
そらそーよ、こちとら昭和42年、未年の生まれだもん。 共食い、共食い。
たっぷり自分の分身を堪能しました。
で、んじゃ番組まで休憩すっかなーーと思ったその時…

ゴーーーーっていう地鳴りがして地面がグラグラ

地震ですよ、地震!

もうね、ものすんごい揺れで立ってるのがやっと。

揺れが止まると、みんな一斉に携帯電話。
私も会社や工場が大丈夫だろうかと、石巻に電話。
ツー、ツー、ツー、ツー
つ、つながらない…
終いには「ただいま混み合ってます」と画面に出る始末。

そこでハッっ!と思い出す。

キロロ! 番組! やばっ!

こちらからかけてもつながらないと言うことは、 あちらからかけても…。
案の定、予定時間になってもスタジオからのコールはなく、 もちろんこっちからもつながらず。
大変な事をしてしまいました、 番組に穴を開けてしまったのです。

後日、 聞いた話では急遽内容を差し替えていただいたようです。
で、私の方は翌週リベンジ。
今度はラジオ石巻まで行って、社長室をお借りし、 というか担当者に軟禁され無事インタビュー終了と相成りました。

そんなこんなで話は冒頭に戻るのですが、 発見した懐かしいものとはコレ!

kiroro

kiroroさんからのメッセージカードでしたっ。
ちょうど一年前の出来事。
「いい大人が約束をする時は責任を持ってすること」
そんな当たり前の事を思い出したのでした。
そらそーよ!

« 日本JC褒賞に申請してみました! | トップページ | 未来ある若者の為に »

ラジオ・MC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/11413052

この記事へのトラックバック一覧です: ちょうど一年前…:

« 日本JC褒賞に申請してみました! | トップページ | 未来ある若者の為に »