フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 来賓紹介と拍手の省略 | トップページ | シャベリのコツ »

2006.01.30

ニホンゴ ムズカシイネ!

先週土曜日、JC事務局に来客があり
遠藤理事長と応接してきました。
その方は、石巻のまちづくりをご研究されているらしく
初めてお会する方。
こういう場合、いつもより200%UPで真剣を集中させます。

質問の意図は何だろう?
何を知りたいんだろう?
どういう話をすればいいんだろう?

的確に会話をキャッチボールさせるには話し相手の表情、
言葉を注意深く読みとらなければなりません。
時に、大人の会話というものはややこしく
その言葉を額面通りに受け取ると、大事に発展することも…。
ホント、難しいもんです。
では、その凡例をいくつか紹介します。

「まったく その通りでさ… 」
こちらの意見に対する回答で。
一見同意してるようで、実はそう思ってない。
どっちかと言えば「そっちの意見よりこっちの方が…」と
自説につなげる為の接続語的フレーズ。


「えぇ…えぇ…はいはい…
                      分かります、分かります」

こちらの話に小気味よくインサートされる合いの手。
得てして“分かってない”場合が多い。
分かりますを2度繰り返すのが怪しぃ…


「もう既にご承知かと思いますが…」

ホントは知らないと思ってるでしょー!


「まぁ、 要するにですねー」
言葉の意味は “かいつまむと”だが
たいてい要約の割りに長い。
類似語に「端的に言うと」がある。


「じゃ、朝イチで回答します!」
というが、たいがい11時頃になる。


「この問題は次回の持ち越しというとで… 」
と言って、持ち越される場合は少ない。
次回は何事もなかったように話題にすら上らない。ケロリンタン。
類似語に「宿題ということで」がある。

とまあ色々あるわけですが、ここまで書いて思い出した!
似たようなホームページがあることを。

つーか、これが御本家。

ほぼ日刊イトイ新聞「オトナ語の謎。」

複雑怪奇なオトナ語をご堪能ください。

ニホンゴ ホント ムズカシイネ!

« 来賓紹介と拍手の省略 | トップページ | シャベリのコツ »

日常の出来事」カテゴリの記事

コメント

ぐちりしゅぎました。
ごめんなしゃーい。

なんかそこの二人、勝手に盛り上がってるなぁ…

ハゲが正直に思ってることを伝えたら
きっと相手もぶっちゃけてくれるかなぁと
勝手におもってるの。
ほしたら、うれちくなって、なかよくなって、
うまくいくのかなぁって。

ハゲには「たてまえ」がない。「社交辞令」もない。
だって使う意味がわからんちんちん。
おっきい大人が裏裏でお話ししてて良い事ってなーに?

オトナ語のサイトを見てた時は微妙に心理的なブレーキがかかって使えなかったんですが、いい感じで寝かせた今では使いまくってます。
でも度が過ぎるカタカナ化はどうかと。「お前は上田ハーローか!」と。
もちろん、上田ハーローで交わされていた会話は聞いたことはありません。


ところで、アゲハの言葉は「ストレートすぎる」そうで。
俺の会話はよく「ブラックだねー」と言われます。
つまり、アゲハは紅茶で俺はコーヒーということです。

そうだそうだ。
おっきい大人の会話ってほんとに
わからんちんちん。
短くわかりやすくとおもって
そのまんま言うと
「きみはストレートすぎるよ」って
よく怒られるんだー。
ストレートってそんなにいけないことー?
傷つける言葉とかじゃないのに。
なんで裏裏裏で言わなくちゃいけないのかなぁ。
めんどくしゃーい。

ごとはるちんちん、げんきー?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/8415481

この記事へのトラックバック一覧です: ニホンゴ ムズカシイネ!:

« 来賓紹介と拍手の省略 | トップページ | シャベリのコツ »