フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« ジェラシー | トップページ | 日本JC・会頭選挙について <予告編> »

2005.07.16

「ミス川開き」について

地元紙でも報じられた通り、今年、 第82回石巻川開き祭りにおいて、「ミス川開き」 が復活します。
詳しい内容はこちらの石巻かほく関連記事をご覧頂くとして、 この場では私の素直な気持ちを書きたいと思います。

今回のミスコンテストは、川開き祭り・ 一市六町合併記念の事業として行われる『コミュニケーション・ スクェア』のイベントの一環として行われるものです。
コミュニケーション・スクェアは、JCラジオ石巻街づくりまんぼう (石ノ森萬画館の運営母体)、そして『まきいしねっと』 を運営しているNPO法人石巻インターネット放送の4者合同企画として実施するものです。

従って、 このミスコンテストは従来商工会議所が行っていたような、 一年間観光PRなどのお手伝いをいただくオフィシャル的なものではなく、 あくまでも祭り2日間だけの限定ミスで、 祭り自体の盛り上げの部分で活躍いただくものです。
また、コンテスト自体も容姿を云々するものではなく、 祭りの象徴、華とも言える浴衣を着用して来ていただき、 その着こなしや独創性を審査基準とするものです。

ここ数年来のミスコンテストを取り巻く諸問題と社会論争は私達も充分認識はしています。
ただ、今回は女性メンバーからの発案で、 運営も女性中心で行っていくということ、 そして何より女性の手で合併を記念するこの祭りを盛り上げていくんだという気概に、 私達も賛同したことから実施に踏み切ったものです。

様々なご意見はあろうかとは思いますが、 ぜひ私達の趣旨にご理解をいただきたいと存じます。

« ジェラシー | トップページ | 日本JC・会頭選挙について <予告編> »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/4998576

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミス川開き」について:

« ジェラシー | トップページ | 日本JC・会頭選挙について <予告編> »