フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.27

サマコン漫遊記

7月22日(金)~24日(日)、 日本JCサマーコンファレンス(開催地:名古屋市) に参加してきました。
一般の方に分かりやすく説明すると、 通称サマコンと呼ばれるこの大会は、 一年の折り返し地点での成果発表や勉強の場ということになります。

いや~名古屋、暑かったです。
飛行機乗る前の仙台は23℃位の気温で、 降りたらいきなり35℃ですから~。
では、以下、フォトレポートです!

DSCF0004

ウワサのセントレア空港は立派!
でも、飛行機降りてから改札口じゃなくて、何だっけ… まぁいいや、出口まで長い長い。

で、バスに乗って名古屋市内へ。

DSCF0005 

DSCF0006

これがセントレア空港の一部ですが、でかすぎて、 いまだに構造が理解できてません。

 明けて土曜日、名古屋国際会議場へ。
まずはオープニング、高竹会頭と星野仙一氏のトーク。

 DSCF0009

星野さんのトークはいつもながら熱い!
で、驚いたのは高竹会頭のシャベリ。
今回は司会者がいなくて、全部会頭がしきってたのですが、 DJの私が言うのもなんですが、プロみたいっ!
会頭訪問でお会いした時よりも格段に旨くなってます。
やっぱ場慣れってヤツですかね。

続いて、 国家力創造フォーラムを見ようと思ってたんですが、 タバコを吸おうと3階奥の方に行ったら、 何やらセミナーの準備中で、 こんなポスターが張ってありました!

「サイバーエージェント 藤田社長来る! !」

まじすか、まじすかっ!
その日の朝、新聞でみたばっかりですヨ!
奥菜恵さんと離婚したと。
いや~ホントに来るのかな~と、半信半疑。
っていうか、サマコンのプログラムには無かったよね。
ということでミーハー気分70%、セミナーも受けたい30% の私と清水直前理事長は、 一も二もなく参加することにしました。
で、分かったこと。
主催は業種別部会のニュービジネス部会で、参加料五千円ナリ。
藤田氏の講演のあと、新規ビジネスの事業計画コンペがあると。
受付の方の「五千円以上の価値はありますよ~」 という勧誘トークにまんまと乗せられ、即支払い→会場へ。
受講者は100名ぐらいだったでしょうか。
200位は入りそうなキャパだったので、チト寂しぃ。

で、予定時刻12:30。

DSCF0012

始まりません…

 

15分経過

DSCF0012

まだ、始まりません…

遅れるアナウンスも無し。
もしかして、藤田社長 来てないんじゃ…

で、待つこと30分。

DSCF0013

そろそろヤバいんじゃないかと思ったところ…

 

藤田社長 キタ━━━━ (゚∀゚)━━━━ッ!!

DSCF0017

会場が暗かったんで写真はイマイチです。
講演の内容は、 サイバーエージェント社の設立から上場に至るまでの苦労話が中心でした。
ご自分でも言ってましたが、 色々あってあんまり元気がなかったです。

次。事業計画コンペ。
これも面白かったです。 4名のJCメンバーとNPO法人から推薦のあった方、 計5名が発表。
これを藤田社長を含む4名の審査員が評価するわけです。

DSCF0023

ちなみに、左から2番目の方は、あの“白馬の騎士” でおなじみの「ソフトバンク・インベストメント」の方です (社長ではないですよ)。

DSCF0021

こちらの方は、 NPO法人社会起業家ビジネススクールから推薦のあった  (有)ココロプロジェクトの内田羊拓さん。
元ホストという異色の起業家!
次世代ハンバーガーチェーン構想について熱く語られていました。
同じ飲食業を営む清水直前理事長にとっては大いに刺激になったようです。

 

つづいて会場を移し「日本再発見フォーラム」へ。

DSCF0028

あのUNTAC 明石 康さんの基調講演。
「ジェイスィーのサマーカンファレンスに参加できて光栄です」 と、 綺麗な英語の発音と微妙に入り交じる秋田弁風イントネーションに親近感倍増。

DSCF0030

続いて、ラモス瑠偉さん、マリ・クリスティーヌさん、 セーラ・カミングさんが登場し、 パネルディスカッションに移行…というところで次の予定の為、 泣く泣く国際会議場をあとに。

 

翌日、日曜日は朝9時から理事長ミーティング。

DSCF0041

いまいち ヒト 少な目

 DSCF0037

高竹会頭 ご挨拶。
今回の会頭選挙で「週刊朝日」に事実無根の記事を書かれたと、 いたく憤慨されてました。
訴訟も検討しているそうです。

それこそ訴訟費用がもったいないです。
やめましょうよ、会頭。10日も過ぎればみんな忘れますから。
前向きに、前向きに。

理事長ミーティングでは、日本国憲法JC草案について、 全国の理事長さん方とじっくり考えました。

そして、午後からは いよいよ会頭選挙へ。

の前に、腹ごしらえ。
なんですが、この会場、レストランが2つしかなく、 圧倒的に供給不足。

従って こんなあり様。

DSCF0045

昼ご飯を求めるJCマンの長蛇の列。
っていうか、皆さんほとんど理事長。
この日はレストランの方もてんてこ舞いで、メニューは限定、 カレー、ラーメン、きしめん のみ。
時間もさし迫り焦る姿に、理事長もヘッタクレもありません。
私は高橋専務理事と泉JC今野理事長との連携プレーで、 見事カレー&ラーメンセット(勝手にセットメニュー) にありつき、 おかげさまで気持ち悪いぐらい満腹にさせてもらいました!

13:30からは会頭選挙。内容は既出ですね。

というわけでサマコン全日程終了。
18:10、セントレア空港から無事離陸…

と思ったら…

 

一緒に来たはずのメンバー M君がいないっ!!

その頃、M君は名古屋城で途方に暮れてました。
いわゆる 乗り遅れ ってヤツですね。

そんなこんなで ひとりを名古屋に取り残し、 石巻JC本部隊は無事帰途に着きました。

2005.07.25

日本JC会頭選挙結果

今日も もの凄い勢いで、 このブログのアクセス数が延びています。検索キーワードは、 ほとんどが“会頭選挙”。
きっと皆さん、両候補者の得票数が知りたいのでしょうか?
日本JCのホームページには、 なぜか不可解なことに得票数が掲載されていません (本日16時現在も、会頭が内定したという記事のみ)。
会員へのディスクローズということを考えれば、 選挙結果を公表することは極めて自然な流れであり、また、 いまどき自治体の選挙管理委員会でさえ、 インターネット上に得票数を掲載しています。

私にその責務があるとは到底思えませんが (ここに得票数を掲載する、という意)、 せっかく四苦八苦して検索されている方々の為に掲載しておきます。

 

有効投票数2486票

池田 佳隆 君(名古屋JC)  1320票 当選
平   将明 君(東京JC)   1166票

7月25日(月)~7月31日(日)の動き

7月26日(火)
宮城県生涯学習課 来所
 14: 00~ 石巻JC事務局

会員開発委員会主催セミナー
 19: 00~ 石巻JC事務局
        講師: 2001年度理事長 松本鉄幹先輩

7月27日(水)
ビジネスネットワーク委員会会議
 19: 30~ 石巻JC事務局

石巻川開き祭り
「コミュニケーション・スクエア」 実行委員会
 19: 30~ 石巻JC事務局

7月28日(木)
石巻専修大学 平成16年度IS奨学研究発表会
 17: 10~ 石巻専修大学

会員コミュニケーション委員会会議
 19:30~ 石巻JC事務局

7月31日(日)
JC村「夏の収穫祭&川開き祭り決起大会」
 10: 00~ 市内某所

日本JC会頭選挙について<本編>

本記事は7月21日に一旦削除したものですが、 会頭選挙も終了し、 投票行動に影響がでることもなくなりましたので、 改めて再録いたします。

 

2006年度社団法人日本青年会議所会頭は、 2名の立候補者による選挙となった。7月24日、 全国の理事長が持ち票を投じ、即日開票される。

  池田 佳隆 君(名古屋JC)
  平   将明 君(東京JC)

どちらの意見書もじっくりと拝読させていただいた。
全国四万余名のリーダーに立とうという方々だけあって、 甲乙つけがたい。正直どちらの意見も、 もっともと思うことばかりで、 いまもって私は判断出来かねている。
選挙運動も日に日に熱を帯びてきている。
両候補者からは直接電話を頂いた。
そして、名古屋JC、東京JCとも、メンバーの訪問を受けた。 その努力には本当に頭が下がるし、 どちらも投票依頼することなく、 自身の訴えのみを語ることに徹する姿勢は立派である。

だが、残念なことがいくつかある。それは、 この選挙に取り組む日本JCの姿勢だ。
言うまでもなく、今年度、 日本JCではマニフェスト推進運動や公開討論会の実施を全国の青年会議所に呼びかけてきた。 私達、石巻青年会議所も、勿論この運動に共鳴し石巻市長選挙、 石巻市議会議員選挙において、 ドブ板を踏む思いで活動を展開した。
新聞報道の賞賛の声とは裏腹に、実際には罵詈雑言を浴び、 時には脅しのような電話を受けた事もあった。 快く思わない方々からは、いまだに批判の声を頂いている。
そんな思いをしてまで、 なぜ我々はこの2つの運動をやってきたのか?
それはひとえに選挙を変えることが日本の政治を良くする、 改革することだと固く信じてきたからに他ならない。

ところが、今回の会頭選挙のあり方はどうか。
本来であれば、 社会に対し選挙のあり方を問うてきた日本JCならば、 自身の選挙は他の範となるようなものにしなければならないはずだ。

先週、日本JC渉外委員会幹部から私に電話があった。
内容を要約すると
「石巻JCは今年、会頭訪問を行ったLOMだ。 高竹会頭は○○君を推している。 会頭のお考えを直接聞いて理解されたLOMならば、 ぜひ○○君支持でお願いしたい」という。

地縁・血縁の選挙を否定し、 マニフェストによる候補者選択を訴えてきたのは、 どこのどの団体だ??

また、宮城ブロック内の理事長には、 非公式ではあるが高竹会頭のメッセージが伝えられた。 内容はご想像の通り“○○君を支持している”と。
その他、東北地区や日本JC関係者から、 様々な形で同様の連絡が多数あった。

マニフェスト、討論会。これらの事業実施において“公平性” を保つことは大前提である。

ならばなぜ、 日本JCは自身の選挙を公平に行うことは出来ないのか?
また、今回の選挙自体「予算と時間のムダ」 と評する日本JC幹部もいる。こうした一連の行為は、 正々堂々と戦おうとする両候補者に対しても失礼であるし、 全国の青年会議所の取り組みをそれこそムダにしかねない。 それを理解できず、 ひたすら悪しき方向へと突き進む日本JCに、 私は落胆している。
いや、私だけではない。 多くのメンバーからそんな声を寄せられている。

正当な候補者と反乱軍。
ガチガチの保守派と改革派。

日本JCのこうした行為の結果、 いま巷では異なった二つのイメージが出来つつある。
恐らく今後も日本JC会頭は選挙で選ばれる機会が多くなるだろう。 次に同じ鐵を踏まないためにも、 今回の一連の出来事を総括し猛省していただきたい。
そして、せめて石巻JCは、本音と建て前を使い分けるような、 そんな青年会議所にならないよう留意していきたい。

改めて、池田候補者、平候補者、 お二人には敬意を表したい。
そして私は、7月24日、所信演説会に真摯に耳を傾け、 意を決したい。

2005.07.21

会頭選挙に関する記事の削除について

7月20日付記事「日本JC会頭選挙について<本編>」 は、 会頭選挙に多少なりとも影響を与える可能性がありますので自主的に削除しました。

掲載からこの2日間で500名近い方々にご覧頂き、 私としては一定の成果があったと思います。
また、多くの方々より様々なご感想を頂いております。
今後、ほとぼりが冷めた頃に再掲する予定です。

なお、石巻JCメンバーに対しては、 情報の開示という観点から、メール・ FAXにて記事を配信致します。

明日からのサマーコンファレンス、 理事長職の折り返し地点として、しっかりと勉強してきます。

2005.07.20

7月18日(月)~7月24日(日)の動き

7月19日(火)~20日(水)
川開き祭りコミュニケーション・ スクェア広告営業

7月21日(木)
石巻地区暴力団追放対策協議会 役員会・ 総会
 10: 00~ 石巻警察署
すばらしい石巻を創る協議会総会
 14:00~ 石巻中央公民館
幼稚園PTA行事
 15:30~
会員コミュニケーション委員会会議
 19:30~ 石巻JC事務局

7月22日(金)~24日(日)
社団法人日本青年会議所 サマーコンファレンス2005
 名古屋国際会議場 他

2005.07.16

日本JC・会頭選挙について <予告編>

今年、 7年ぶりに我々JCのリーダーである日本JC会頭が選挙によって選ばれることになりました。
一般の方には分かりずらい話ですが、例年は“なぜか” 一人しか立候補者がいないので選挙になることはありません。
しかし、今年は2名の立候補者が登場し選挙となりました。
従って、今は選挙期間中です。

でですねー、色々あるんですよ。
いま私の頭の中は完璧にまとまっているワケではないんで
今日この場でのコメントは差し控えます。
が、かなり言いたいことはあります。
また、とっても憤慨しちゃうようなこともありました。

はっきり言って…日本JCには失望です。
末端の地域青年会議所がドブ板を踏んで頑張ったとしても
日本青年会議所がこのあり様では、 とても国家を変えるなんてできないような気がしています。

とにかく、もう少し考えをまとめたら、 この場に書きたいと思います。

「ミス川開き」について

地元紙でも報じられた通り、今年、 第82回石巻川開き祭りにおいて、「ミス川開き」 が復活します。
詳しい内容はこちらの石巻かほく関連記事をご覧頂くとして、 この場では私の素直な気持ちを書きたいと思います。

今回のミスコンテストは、川開き祭り・ 一市六町合併記念の事業として行われる『コミュニケーション・ スクェア』のイベントの一環として行われるものです。
コミュニケーション・スクェアは、JCラジオ石巻街づくりまんぼう (石ノ森萬画館の運営母体)、そして『まきいしねっと』 を運営しているNPO法人石巻インターネット放送の4者合同企画として実施するものです。

従って、 このミスコンテストは従来商工会議所が行っていたような、 一年間観光PRなどのお手伝いをいただくオフィシャル的なものではなく、 あくまでも祭り2日間だけの限定ミスで、 祭り自体の盛り上げの部分で活躍いただくものです。
また、コンテスト自体も容姿を云々するものではなく、 祭りの象徴、華とも言える浴衣を着用して来ていただき、 その着こなしや独創性を審査基準とするものです。

ここ数年来のミスコンテストを取り巻く諸問題と社会論争は私達も充分認識はしています。
ただ、今回は女性メンバーからの発案で、 運営も女性中心で行っていくということ、 そして何より女性の手で合併を記念するこの祭りを盛り上げていくんだという気概に、 私達も賛同したことから実施に踏み切ったものです。

様々なご意見はあろうかとは思いますが、 ぜひ私達の趣旨にご理解をいただきたいと存じます。

2005.07.12

ジェラシー

私が美人フェチなのは有名な話ですが(どこで?)
美人とお知り合いになると、 必ずツーショット写真を撮ったりもします。
このブログにも載せましたね、前に

で、 数あるコレクションの中でも特にお気に入りなのが

コレ↓

AUT_1315

右側のにやけた男はおいといて
この女性は、元八王子市議で元ミス日本の佐野美和さん。
私のやっているラジオ番組にゲスト出演していただいた時の模様です。
ことの経緯は私の番組のHP佐野さんHPにあるので割愛。
政治に対するスタンスが一緒! ということで意気投合し
今もメールをやりとりさせていただいているのです。

さて、その佐野さん、HPの他にもブログをお持ちなのですが
それを読んだところ、 どうやら秋田ブロック会員大会に招かれたらしいですよ。

キィィィィィィィーーーーーッ(`´)

軽いジェラシーです。

なんかこう、自分だけが知っている秘宝を盗られた気分。
レイダース、失われたアークです。

秋田ブロックめ! (`_´)プンスカプン


冗談はさておき、佐野さんのHPはホントためになりますよ。
当時の議会でのやり取りやご自分の考えが子細に渡り掲載されていて、 独特のまちづくり感に共鳴することしかりです。
非常にJCと近いのですね、お考えが。
皆さんもぜひ一度読んでみてください。

2005.07.11

7月11日(月)~7月17日(日)の動き

7月12日(火)
若年者就職促進訓練
ヤングジョブガイダンスカリキュラム 講師
 10: 00~ 石巻経理学校
川開き祭りコミュニケーション・ スクェア実行委員会
 19: 30~ 石巻JC事務局

7月13日(水)
ビジネスネットワーク委員会会議
 19: 30~ 石巻JC事務局
会員コミュニケーション委員会会議
 20:00~ 石巻JC事務局

7月14日(木)
川開き祭り陸上部会・ お祭り広場実行委員会
 19: 00~ 石巻商工会議所

7月15日(金)
石巻JC7月例会並びに臨時総会(次年度役員選出選挙)
 19: 00~ 石巻グランドホテル

7月16日(土)
宮城ブロック会員会議所会議
 13: 00~ イズミティ21

7月17日(日)
第5回石巻マンガ灯ろう祭り
 16: 00~ 石巻市中瀬公園

2005.07.05

ごとはる的 地球の歩き方!

いやー、ハマってます!
何がって? これですよ、コレ。

Google Earth

詳しいことは ココ の記事を読んでいただくとして、 ようするにパソコンで世界各地の衛星写真が見られる! というソフトなんですよ。

百聞は一見にしかず。まずは起動画面をご覧ください。

01

こんな感じでマンマルの地球がブゥァっと浮かぶワケですよ。
ブゥァっと。
で、この地球をマウスでグリグリ回して、そう地球儀を回す感じですね。
んでもって、今どきのマウスなら真ん中にスクロールキーが付いてると思うんですが、 それをグリグリすると、グッグッって拡大されていくのです。
地球から大陸、大陸から街並みに、って感じで。
まぁ、エネミー・ オブ・ アメリカの世界っていうと分かりやすいですか。

で、これが世界主要都市なら走ってる車や人影が分かるぐらい、 いい感じで高解像度!
アメリカ国内は全体的に高解像度ですね。

というわけで、ハマっちゃってる後藤は、昼休みの度に世界を歩いてるのでした。
それではこれまでの足跡をご紹介。

何と言ってもまずは我が街「石巻」から。

02

これが目一杯の拡大なんですが、左下にサン・ファン・パークがあるのが確認できます。



続いて、東京タワー

03

鉄骨の筋交いまでハッキリ見えますね。



それではオノボリ・コース
お台場のフジテレビ本社ビル

04

タマっこが見えますよ。(“っこ”っていうのは方言)



東京ディズニーランド&シー

05

もうちょっと近寄ると、なんと人影が!!



F1開催が待ち遠しい三重県・鈴鹿サーキット

06

ちゃんとプレステどおりですヨ!



国内編最後は仁徳天皇陵

07

堺市って古墳がいっぱいなのね。

では国外編。
衛生写真といえば、やっぱりアレですよね。
ナスカの地上絵。 ムーの愛読者でしたからw

しか~し…ナスカ周辺を色々と探し回ったのですが、どうやら有名な人形やら鳥形は、衛生で見るにはちょっと小さいらしく、発見には至りませんでした。
変わりに、一番ドでかいと言われるヤツを。

08

確かNASAの衛生で発見されたヤツではなかったかと。
ちなみに↑の形をしてるそうです。



次、ギザの三大ピラミッド!

09

一番でっかいのがクフ王のですね(たぶん)。
以外に街の近所というのが驚き!
左下にはスフィンクスが見えます。
わかりにくいと思うのでちょっと拡大。

10

しかし、古代によくこれだけ正確な建造物が出来ましたよね。



さて、続いてアジアのでかい物と言えば、万里の長城!
といきたいところですが、これも発見できず。
誰ですか、月から見えると言ったのは!
というわけで、紫禁城に行ってみました。

11

んー、ラスト・エンペラー。



ヨーロッパに行って、フランスのエッフェル塔。

12

ボンジュール、マドモァ~ゼル。



アメリカ合衆国は自由の女神

13

頭のギザギザまで見えますよ!


ところでこのソフト、リアルタイムの衛生画像ではないのであしからず。
お台場の開発状況からみるに3~4年前ぐらいの写真ではないかと思われます。
あと、うちのネット環境はBフレッツなんですが、画像をストリーミングする関係上、ISDNとかだったらちょっとつらいかもしれません。



では、最後にホワイト・ハウスをば!

14

実は、もっともっと近寄れるんですが、ヤバい気がして…。
スパイとか言われても怖いですし。

いや~、次はどこ行ってみようかな!

2005.07.04

7月4日(月)~7月10(日)の動き

7月4日(月)
すばらしい石巻を創る協議会役員会
 10:00~ 石巻中央公民館
立町商研サークルと川開き祭りの打合せ
 19:00~ 炭や

7月5日(火)
マンガ灯ろう祭り実行委員会会議
 19:00~ 石ノ森萬画館
メディアコミュニケーション委員会会議
 19:30~ 石巻JC事務局

7月7日(木)
石巻JC理事会議
 19:00~ 石巻JC事務局

7月8日(金)
川開き祭りコミュニケーション・スクェア実行委員会
 19:00~ 石巻JC事務局

7月9日(土)
北上川清掃活動(北上川フェア参加団体)
 11:00~ 白浜海岸
 ※業界団体会議がある為、私は参加出来ません…すみません。

2005.07.02

敵地へ乗り込む!

6月26日、その日はやって来た。

「石巻を考える女性の会
            発会10周年記念式典」

このブログで触れたことがある、川開き祭りの企画を巡って諍いが生じた団体。
それこそが、この「石巻を考える女性の会」である。

外交の基本は「片手で殴り合っても、もう片方の手は握手する」とは加治隆介の有名な言葉。

というわけで、奇襲攻撃に備えカバンには生タマゴ、爆竹などを装備し(嘘です)、一方ご祝儀をフトコロに (ホントです)、いざ石巻グランドホテルへ向かったわけです。

内心「どんな冷遇を受けることやら…」と鬱な気分だったのですが、さすが大人の団体ですねぇー。
セレブの証“徽章”を付けていただくは、コーヒー・ケーキの接遇を受けるはで、すっかり来賓気分♪

そりゃそうですよね。そもそもは「石巻を良くしよう」という同じ目的を持った団体同士なんですから。
というわけで、式典では木村美保子会長の熱のこもったご挨拶、 10年間を振り返るVTRなどを拝見させて頂き、女性の会の功績を再確認。

そして会場を移し、メーンである岸田今日子さんの基調講演へ。
残念ながら、規制がありましたので岸田さんの写真は撮ることが出来ませんでした。
変わって、晴れ舞台でにこやかにご挨拶される
木村会長のご尊顔をお楽しみください。 

D1000016


続いて、熱気溢れる会場の模様。
 
D1000019

99.9%女性ですよ、ハイ。300人ぐらいはいたでしょうか。

ム゛ンム゛ンム゛ンム゛ン

って感じですね。
さて、肝心の岸田さんの講演ですが
まずもって…

岸田さんキレイ!

恐らくは○○歳ぐらいだとは思われますが
みずみずしいんですよ、全体的に。
女優さんの持つオーラっていうんですか、
月並みですが、華がある、そんな感じです。

岸田さんというと「犬神家の一族」や「八つ墓村」等、往年の角川映画や、ムーミンの声 (童話なのになぜかオドロオドロしい)の印象が強くて、どっか怖いイメージだったんですが

チャーミングなおばさん

っていう言葉がピッタリ!
4月末生まれなのに、お父様が「学校を早く出るため」と、3月末生まれと届けたこと。
その結果、体格も知恵も1年の差があったため、学校ではひっこみ事案だったこと。
でも疎開から戻り入学した自由学園で自分に自信がついたことなど、 生き方から独特の子育て論まで、本当に良いお話が聞けました。
最後には、ひとり芝居の一節を演じていただく超オマケ付き。

ステキな日曜の午後を過ごしました。
女性の会の皆さん、ありがとうございました!

2005.07.01

原稿書きに追われる

微妙に“ほぼニチ”ペースの後藤です。
最近はPTA関係の原稿書きに追われているのでした。
ちなみにどんな事を書いているかというと…

まずは、息子の通う幼稚園の広報紙から。

          ☆ ☆ ☆
『子供を教育するばかりが親の義務でなくて、
子供に教育されることもまた親の義務かもしれないのである』
              (寺田寅彦/物理学者/ 1878~1935)
 人は生まれながらにして完璧な存在ではありません。子供達がそうであるように、私達も日々親として成長していくものだと思います。
 ですが昨今、その成長を止めてしまったかのような、そんな親に出くわすことがあります。それはきっと人間関係の希薄さが生んだ現代の病なのかもしれません。
 メールが普及し、文字と小さな液晶画面が人とのコミュニケーションの場になりつつあります。しかし、これはあくまで手段であり、本当の親交とは、表情を見て呼吸を感じながら語りあうライブ感にあると思うのです。 ○○○幼稚園父母教師会は、そんな昔ながらのコミュニティの場でありたいと願います。
 子供達と共に、私達もどんどん成長していきましょう。
 一年間、どうぞよろしくお願い致します。

続いて、石巻地区のPTA広報紙。

          ☆ ☆ ☆
 地元FM局でDJをやっている関係から、度々学校や各種団体で講演をさせて頂く機会があります。先日は母校である某小学校で、保護者を対象にした講演を行ってきました。あの頃の学舎は新しい校舎に立て替えられ、すっかり様変わり。懐かしい藤棚にわずかに当時の面影が残っていました。
 そして、何より驚いたのは児童数が在学時の三分の一に減っていたこと。どうりで校庭で遊ぶ子供達の姿も、記憶の中のあの光景と比べ、まばらだったわけです。
 また、学校のセキュリティーの高さには目を見張るものがありました。
 少子化、子供達を巻き込む犯罪と、社会環境の変化から様々な問題が吹き出している現実。この事態を改善すべく、国や地方自治体ではあらゆる努力がなされています。一方、私達保護者も、行政におもねるだけではなく、出来ることから少しづつでも何かを始めていかなくてはなりません。特に幼稚園は子供達が初めて接するコミュニティです。
 昨今『地域全体で子育てに取り組む』という意識は薄れつつありますが、子供達を育む目、見守る目が多くあればあるほど問題の解決に繋がるのではないでしょうか。その為に、まずは園と保護者が一体となって子育ての共同コミュニティを形成し、その輪を広げていくのもそのひとつと考えます。
 今回、大役を仰せつかり、甚だ恐縮ではありますが、微力ながら頑張って参ります。
一年間よろしくお願い致します。
          ☆ ☆ ☆

と、まぁこんな感じでキャラ外の事を頑張ってやっとるワケです。

あ、そー言えばどっちも発刊前だった!

ま、いいか。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »