フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 4月25日(月)~30日(土)の動き | トップページ | 5月1日(日)~7日(土)の動き »

2005.04.30

“イワンの馬鹿”として

石巻かほく 『つつじ野』
平成17年4月30日掲載記事(最終回)

 「正直、こんな事を続けて、何になるんだろうって思うときもあるよ…」。
 これは、先日お会いした、環境NPO団体代表の方の口からポロリと漏れた言葉である。この団体は、山林の保水力確保や肥沃な養分を海へ注ぐべく、広葉樹を植栽する活動を長年続けてこられている。
 恐らくは、結果を知ることはできない。でも、将来の為に黙々と活動を続けていく。自分自身もいつまで続けられるかは分からない。あとを引き継いでくれる人はいるのだろうか。この方の立場に立ってものを考えてみると、そこには強い信念と忍耐力が必要な事に気づく。
 ローカル・マニフェスト推進運動と市政公開討論会。市長、市議立候補者と十七万市民を相手に、八十名そこそこの団体が挑んだ今回のアクション。これを当事者の方と世間はどう評価しているのだろうか。私の耳に届く範囲では、批判八割、賞賛二割といったところだ。
討論会の開始前、開場が遅いと怒鳴られたメンバー。配ったアンケートを投げつけられたメンバーもいる。そして、私も含め数多くのメンバーのもとに様々なご批判が寄せられた。
 しかし、あえて言うが、我々は何ひとつ間違ったことをしていない。政治をより良いものにしていきたい、常にその真義に照らし合わせながら行動してきた。もちろん、今回の一連の動きで全てを終わりにするつもりはない。何年かかろうが、主張と活動を繰り返していくことこそ、道を切り開く唯一の手立てである。世の中にひとつくらいは、こんな青臭い主張をする団体がいても良いと思う。
 来月、急逝した友人Nの一周忌を迎える。私は彼の墓前で、きっと、こう言うだろう。
「ちょっとだけ、風が吹いたよ」と。

« 4月25日(月)~30日(土)の動き | トップページ | 5月1日(日)~7日(土)の動き »

政治・行政」カテゴリの記事

新聞記事」カテゴリの記事

コメント

 お疲れ様です。
何事もスタートラインにたったときは、批判も浴びます。又先が見えない不安もあります。
 地域に根付いて定着するまでの過程が一番大変な時期だと思います。けれど、それが当たり前なんだ!という意識が定着する前にあきらめてしまっては、もともこうもありませんよね。
 今回のローカル・マニフェスト推進運動で、石巻は確実に1歩前進したはずです。1歩から急に100歩は前進できません。この1歩を次の1歩へつなげていくことが大事なのだと、今回の石巻JCさんの活動を見て思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/3917589

この記事へのトラックバック一覧です: “イワンの馬鹿”として:

» 登米市長選・市議選の開票結果を反映させました。 [日々とめのアレコレ - 管理人さんのブログ - 登米市どっとネット]
初代市長は布施たかひさ氏 登米市民は若返り、生まれ変わりを選択した。 平成の大合併の渦の中、埋もれてしまいそうな程、 全国で選挙が行われている。 その中で登米市は行政経験の無い布施氏を選んだ。 市民感情としては、既存の体制・システムに対する猛烈...... [続きを読む]

« 4月25日(月)~30日(土)の動き | トップページ | 5月1日(日)~7日(土)の動き »