フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.30

“イワンの馬鹿”として

石巻かほく 『つつじ野』
平成17年4月30日掲載記事(最終回)

 「正直、こんな事を続けて、何になるんだろうって思うときもあるよ…」。
 これは、先日お会いした、環境NPO団体代表の方の口からポロリと漏れた言葉である。この団体は、山林の保水力確保や肥沃な養分を海へ注ぐべく、広葉樹を植栽する活動を長年続けてこられている。
 恐らくは、結果を知ることはできない。でも、将来の為に黙々と活動を続けていく。自分自身もいつまで続けられるかは分からない。あとを引き継いでくれる人はいるのだろうか。この方の立場に立ってものを考えてみると、そこには強い信念と忍耐力が必要な事に気づく。
 ローカル・マニフェスト推進運動と市政公開討論会。市長、市議立候補者と十七万市民を相手に、八十名そこそこの団体が挑んだ今回のアクション。これを当事者の方と世間はどう評価しているのだろうか。私の耳に届く範囲では、批判八割、賞賛二割といったところだ。
討論会の開始前、開場が遅いと怒鳴られたメンバー。配ったアンケートを投げつけられたメンバーもいる。そして、私も含め数多くのメンバーのもとに様々なご批判が寄せられた。
 しかし、あえて言うが、我々は何ひとつ間違ったことをしていない。政治をより良いものにしていきたい、常にその真義に照らし合わせながら行動してきた。もちろん、今回の一連の動きで全てを終わりにするつもりはない。何年かかろうが、主張と活動を繰り返していくことこそ、道を切り開く唯一の手立てである。世の中にひとつくらいは、こんな青臭い主張をする団体がいても良いと思う。
 来月、急逝した友人Nの一周忌を迎える。私は彼の墓前で、きっと、こう言うだろう。
「ちょっとだけ、風が吹いたよ」と。

2005.04.29

4月25日(月)~30日(土)の動き

4月26日(火)
 川開き祭前夜祭打合会議
  18:30~ 商工会議所2F会議室
 新入会員面接
  19:00~ JC事務局
 あるべき未来創造委員会出席
  19:30~ JC事務局
 会員コミュニケーション委員会出席
  19:30~ JC事務局
 ビジネスネットワーク委員会出席
  19:30~ JC事務局

4月27日(水)
 川開祭実行委員会臨時総会
  13:30~ 商工会議所3F会議室
 教育イノベーション委員会出席
  19:30~ JC事務局

4月28日(木)
 (社)日本溶接協会宮城県支部総会
 並びに宮城県溶接競技大会表彰式

  10:00~19:00 パレスへいあん(仙台)
 サン・ファン祭り特別委員会出席
  19:30~ JC事務局

4月29日(金)
 石巻市長・石巻市議会議員選挙 投票日

2005.04.25

さらりと挨拶

石巻かほく 『つつじ野』 平成17年4月23日掲載記事

 ラジオ石巻でDJをやり始めて、もう七年になる。現在の担当は、土曜日午後一時スタートの時事や情報を取り扱う番組だ。と言っても、新聞や雑誌片手にああだこうだと持論を展開しているに過ぎないが…。もちろん、台本などあるわけもなく、収録前に十五分ほど話すネタを決めるだけだ。これで七年間やってきた。人からは「よく一時間も話が出来るね」と言われるが、それなりに訓練を積んできたので何とかなっている。
 さて、来月になるといよいよブライダルシーズン到来。挨拶を頼まれ頭を痛めている方も多いかもしれない。そこで今回は私の経験をもとに、人前で上手に話せるコツを披露したい。
 何より聞きやすい話し方、それは滑舌の良さにつきる。流暢でなくとも、はっきりと繰り出される言葉は素直に頭に入ってくる。
そこで、私は新聞を声に出して読むことをお薦めする。新聞に登場する語彙は豊富で、読みの練習には最も適している。そして、記事を目にすることに加え声に出すことで、もう一度耳から情報が頭に入るから、なおさら内容が記憶されやすい。従って、ネタのストックという意味でも効果的だ。
 続いて、即興性を養う為にはこれ。車を運転しながら、目に入る光景を実況する練習。人に見られるとかなり恥ずかしいが、自分としては大いに役立った。何度も繰り返しているうちに、自然と言葉が出てくるようになる。
 最後に緊張しない為の秘訣。十人も人がいれば、そのうち二人ぐらいは必ず相打ちしながら聞いてくれる人がいる。その人に向かって話すことだ。自分の話を受け入れてもらえる安心感で、なぜか緊張はほぐれる。
 かく言う私も、実際は話し手としてはまだまだ。「石巻の久米宏」目指して未だこの訓練を繰り返している途上だ(苦笑)。


※本来は「石巻のクリス・ペプラー」と書きたかったのだが、
 万人に通じるように「久米宏」としました。必ずしも本位ではなかったりします。

4月18日(月)~23日(土)の動き

4月22日(金)
 新入会員セミナー
  19:00~ JC事務局

4月23日(土)
 宮城ブロック会員会議所会議
  13:30~ 栗原文化会館

2005.04.16

議会議員とマニフェスト

石巻かほく 『つつじ野』 平成17年4月16日掲載記事

 現在、我々青年会議所は、新・石巻市全域を懸命に駆け回っている。今回の市議選立候補表明者の方々にローカル・マニフェスト型選挙を呼びかける為だ。改めて言うが、これは「数値目標を伴う事後検証可能な具体的公約」のことを言う。
 さて、現時点で60名を廻り終えたところだが、その反応は大きく二分される。「これからの候補者は自らの公約に責任を持たなければならない」とする歓迎の声。そして、もう一方が「執行権限のない議員が具体的公約を約束したり、ましてや財源、工程、期限など示せるわけがない」とする意見。
 私はどちらも正しいと思う。現状の理屈から言えば、議員には物事を動かす権限はない。市長候補者がマニフェストを出せば、その整合性も問われることになる。
しかし、その気になれば、やはりマニフェストは書けるし、政策実現も可能なのである。
 ここにひとつの動きを紹介したい。5月にローカル・マニフェスト推進地方議員連盟という団体が結成される。設立発起人には全国の県議会議員、市議会議員が名を連ねている。これは、地方分権の加速により、チェック機関としての立場のみならず、自らがマニフェストを掲げ政策を実現してく議員が必要となってきた現れである。今後はこの流れがさらに進み、地方議会内にローカル・パーティ(地方政党)が結成される動きがでるであろう。市長候補者とマニフェスト協定を結ぶといったことになれば、有権者にとっても非常に分かりやすい構図となる。ぜひ、各候補者の方々には、こうした時代の流れも読みとっていただきたい。
 今回は選挙公報が全戸配布される。これには、候補者が自らの主張を自由に書くことが出来る。果たして何名の候補者がマニフェストを掲載するか。注意深く見ていきたい。

2005.04.11

入社式に感動、そして原点回帰

DVC00004   自分のやりたいことってなんだったのだろう…つくづくそんなことを考える機会を頂いた。恐らく多くの方がそうであろうかとは思うが、物事に夢中になりすぎると、そのものの本質というか原点を忘れてしまうことがある。
 今日、市内でも老舗の美容室「メインステージひらつか」さんの入社式にお招き頂いた。今年は2名の学卒者を採用とのことで、グランドホテルにてお母様もご同席の中、粛々と式が執り行われた。
 新入社員はもとより、スタッフの皆さん、ご来賓の皆様もお着物姿。その中に“黒一点”スーツ姿の私はどう見ても違和感があったが、ご祝辞もさせて頂いた。
 式の最後に、新入社員からお母様への感謝の手紙朗読と、お母様からのご挨拶があり、双方涙なみだの語りに年甲斐もなく感動してしまった。
 「あぁ自分も始めて働く時やJCに入りたての頃はこうだったなぁ」と、遠い昔に思いを馳せた次第である。
 さて、その後は気持ちを切り替え、石巻市議選立候補予定者の方々に、マニフェスト型選挙推進のお願いへ。石巻地区を中心に25名の方々の後援会事務所を廻った。正直、反応は様々。
 「ぜひこれに則って頑張ります!」と言って頂ける方、「市議会議員にはマニフェストは馴染まない」との持論を示される方等々。それぞれの立場で出来得ることは違うとは思うが、ぜひ我々の意を汲んで欲しい。
 この運動の原点、本質は、有権者の興味関心を引き出し、ひいては投票率をアップさせることにある。多くの有権者が投票するということは、それだけ民主主義政治が達成されることになるからだ。
 この切なる思いを胸に、明日、明後日も精力的に廻りたい。

2005.04.10

4月10日(日)~16日(土)の動き

4月10日(日)
 JC村開村式&種まき

  9:00~ JC村(市内某所)

4月11日(月)
 メインステージひらつか 平成17年度入社式出席

  11:30~12:30 石巻グランドホテル

 石巻市議会議員立候補予定者後援会事務所 廻り
  13:00~20:00 主に石巻地区

4月12日(火)
 石巻市議会議員立候補予定者後援会事務所 廻り
  10:00~17:00 河南、河北、桃生、北上地区

 石巻青年会議所4月例会「どうする合併特例債?」出席
  19:00~ 石巻リバーサイドホテル

4月13日(水)
 石巻市議会議員立候補予定者後援会事務所 廻り
  13:00~20:00 牡鹿、雄勝、北上、河北、石巻地区

 あるべき未来創造委員会 出席
  20:00~ 石巻JC事務局

4月14日(木)
 教育イノベーション委員会 出席
  19:30~ 石巻JC事務局

4月15日(金)
 石巻市議会議員立候補予定者後援会事務所 廻り
  16:00~17:00 河南地区

 新石巻市 市政公開討論会
  
17:00~21:30 石巻市民会館
   (討論会自体は19:00~21:00)

4月16日(土)
 市政公開討論会 出演者及び関係各所挨拶廻り
  10:00~ 市内各所

2005.04.09

合併特例債について考える

石巻かほく 『つつじ野』 平成17年4月9日掲載記事

 今回は合併特例債について考えてみたい。その活用方法として真っ先に浮かぶのが「ハコモノ」。何かと批判が多いやり方ではあるが、私は逆に、ここで一気に施設整備をしてしまった方が良いと考えている。なぜなら、石巻地方には変化球的な施設は多いものの、ごく基本的な施設がない、あるいは老朽化著しくニーズにマッチしていないものが多々見受けられるからである。
 例えば、美術館、博物館。現有の類似施設としては、石巻文化センターがそれにあたるが、小ホールと会議室も併せ持った複合施設であるが故、個々の機能は何とも貧弱な限りである。図書館にしても老朽化が著しい。この現状は、17万市民の知識欲を満たしているとは到底思えない。児童館等も含め、こうした学習施設の充実は、将来の優れた人材育成に繋がるものであり、ぜひ検討頂きたい。
 さら、市民会館。現在のそれは築38年。ステージの狭さ、少ない客席は改修レベルではどうしようもない。これを数千人規模の観客が収容できるホールやドームに建て替えてはどうだろうか。必ず経済と観光の活性化に直結するはずだ。
現在、県内で人気アーティストがライブ会場として使っているのは、利府のグランディ21(約7千名収容)がほとんどだ。これを上回る施設を建て、ライブの誘致を図る。9千人収容の施設でこうした機会が月5回あれば、単純計算で年間54万人が石巻を訪れることになる。この数字が、経済と観光に寄与しないはずがない。
 ところで、合併特例債は打ち出の小槌ではない。その3割は私達住民が返していかなければならない借金だ。その使い道は充分に議論されるべきで、石巻圏域全体に寄与するものでなければならない。私達もその検討に、ぜひ積極的にコミットしていきたいものである。

4月9日(土)の動き

市政公開討論会 出演者事前説明会
 13:30~ JC事務局

宮城ブロック協議会会員研修セミナー
 17:00~ 中新田交流センター

2005.04.08

これまでの動き

4月8日(金)
 宮城県庁記者クラブ 石巻・栗原・佐沼JC合同記者会見
  10:00~ 宮城県庁

4月7日(木)
 第5回理事会議
  19:00~ JC事務局

4月6日(水)
 川開き祭り企画調整会議
  11:00~ 石巻商工会議所
 市長・市議選挙 立候補者説明会デモンストレーション
  15:00~ 石巻文化センター

4月5日(火)
 会員御尊父葬儀出席
  12:00~
 公開討論会JC内部向け事前説明会
  19:30~ JC事務局

2005.04.07

負けるもんか!

012 やっと一歩目を踏み出した。昨日(4/6)、石巻文化センターで選挙管理委員会主催の市長選・市議選立候補者説明会が開催された。我々は、その会場付近でローカル・マニフェスト推進のデモンストレーションを行った。
 20名近いメンバーが集まり、「青年会議所はローカルマニフェストを推進します!」の掛け声と共に、出席者に対しチラシを配布した。
 案の定、その反応は冷ややかなものだった。怪訝そうな顔をする人、一切無視する人、薄笑いを浮かべて眺めてい る人。よりによって我々に対し候補者のアピールをする人。出席者のほとんどが候補者本人ではないということを考えれば致し方がないことだ。今風に表現すれば、そんな事は“想定の範囲内”。めげずに頑張っていきたい。
 来週からは62名の市議立候補予定者の後援会事務所を一軒一軒廻り、さらに運動を推進していくつもりだ。これは、自分に課せられた使命として010、委員会メンバーと共に私自身が全部行く。恐らく、昨日以上に冷遇されることであろう。それでも胸を張ってやっていきたい。負けるもんか!

「配布チラシ」をダウンロード

2005.04.02

悔やまれるスタート

DVC00005 平成17年4月1日、遂に新生“石巻市”が誕生した。
…が、何か味気ない。
 特段、華々しい記念式典があるわけでもなく、何かイベントがあるわけでもない。庁舎前でのテープカット、職員の辞令交付式等々、行政の行事が淡々と行われただけである。私も唯一合併を意識できたのは、石巻社会福祉協議会(一市六町の社協が合併)の評議員会に出席した時くらいである。
 巷では前々からこんなふうに言われていた。「今回の合併は行政の合併だよね」。確かに河北町のように、合併の是非を問う住民投票など、それなりの動きはあった。しかし、それ以外の部分では、ほとんど住民がリードして合併を考える機会はなかったように思う。
 合併ありきで問題点を先送りにした行政と政治家達、他人任せで関心を持たない住民。このツケは、後々大きくなって跳ね返ってくるのではないだろうか。思わず心配せずにはいられない。
 過去の経緯はともかくとして、スタートだけは住民を巻き込んだ何かがあっても良かったのではないか。せめて始まりが賑やかならば、住民も豊かな気持ちでこの日を迎えられたのではなかったか。あまりにもあっさりと始まってしまったことが悔やまれる。
 時を同じくして本拠地でのスタートを切った楽天イーグルス。その華々しさを見るにつけ、この日に何もしようとしなかった自分を反省している。
 だが、これからでも遅くはない。気持ちを切替え、前向きに何かを考えていこう。

選挙カーが消える日

石巻かほく 『つつじ野』 平成17年4月2日掲載記事

 候補者がホームページで政策を訴える。マニフェストを街頭で配布する。ラジオを使ってCMを流す。候補者を自宅に招いて政策を聞く。
 これらのアクションは告示後一切出来ない。従って、日本の選挙制度は候補者が政策を訴える場が極めて少ない。政策本位の選挙をやろうと突き詰めれば、実はやれることがほとんどなくなってしまう。皮肉な話だ。
 一方、他国ではどうか。例えばアメリカは、そもそも告示日というものがない。政治家は常に目標定め日々選挙活動が出来る。ビラの配布、ポスターの掲示も何ら制限がなく、投票所の近くでビラを配ったりしている。TV討論会も活発で、もちろんCMも流せる。これらの手法が選挙費用を莫大にしているという悪い作用もあるが、近年は資金を要しないインターネットを使った選挙運動も活発だ。もちろんこれも自由に出来る。
 同じ民主主義と自由社会を標榜する国で、なぜこれほどまでに違うのか。私は、フェアさを「法律で縛る」ところに求めるのか、「有権者と政治家の質」に求めるのかの違いではないかと考える。日本の公選法は我々と政治家を信用していない。だから、がんじがらめなのだ。
 青年会議所が今必死になって取り組んでいる「公開討論会」と「ローカル・マニフェスト推進」は、まさに信用を得る為の運動である。これを着実に進めていけば、自ずとその質もアップするはずだ。
 さて、もうすぐ選挙が始まる。石巻市だけでも七十台近い選挙カーが走ることになり、思わずぞっとする。これに嫌悪感を抱く市民は少なくない。実は候補者側も人員の確保やルート設定など、選挙カーの運用には大変な苦労を強いられている。なにより多くの時間を割かれる。しかし、現状ではこれしか自分を売り込む手段がない。
 まちから選挙カーが消える日=政策本位の選挙が出来る日。それはきっと来る。その為に、我々は努力を重ねていきたい。

2005.04.01

4月1日(金)の動き

石巻市社会福祉協議会 評議員会
11:00~ 石巻市社会福祉協議会3F

三役会議
19:30~ JC事務局

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »