フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 3月29日(火)の動き | トップページ | 4月1日(金)の動き »

2005.03.29

いざ、記者会見へ

2 この一週間は、まさに怒濤の日々であった。下に記載した「これまでの動き」をご覧の通り、各委員会の事業がスタートし始めたからである。特に先週は公開討論会開催に向けて、水面下で様々な動きがあった。出演者(立候補予定者)の日程調整、選挙管理委員会との打合せ、そしてJC内部の合意を得る為の臨時理事会開催など。これら一連の作業を経て、3月25日、石巻市役所記者クラブで会見を行った。
 記者会見といえば、前にも書いた通り相当のトラウマがある。従って、今回は担当の遠藤寿博委員長・佐藤大望副委員長と共に、前日ほぼ徹夜で資料を整え、想定問答を繰り返して準備した。もちろん、立候補予定者両氏からは文書で出演の了承を取り付けた。
 そして臨んだ記者会見。結果から言えば、実にあっけないものであった。同日、河北町に出来た道の駅「上品の郷」がオープンということもあり、記者の数もまばら。会見も終始和やかなムードであった。
 考えてみれば、前回の公開討論会から既に2年が経過しており、討論会自体物珍しくはなくなったのかもしれない。それだけ社会に浸透したというワケだ。あまりにもトラウマを気にし、こちらの方がいささか鼻息が荒すぎた。
 とにもかくにも、第一報は予定通りなされた。来週は県庁記者クラブで、同じく討論会を開催する県内他青年会議所と合同で記者会見を行う。
 JCから風は興せるのか、これからが正念場だ。

« 3月29日(火)の動き | トップページ | 4月1日(金)の動き »

政治・行政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/3485350

この記事へのトラックバック一覧です: いざ、記者会見へ:

« 3月29日(火)の動き | トップページ | 4月1日(金)の動き »