フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

« 春へ向けて動き出す | トップページ | オンリーワンを携えて »

2005.03.02

我々からのイノベーション

 昨日はあわただしい一日であった。午前中は牡鹿町で仕事の打合せがあり、午後からは多賀城で業界の会議。夜は三役会議(正副理事長+事務局の会議)と一日目一杯で過ごした。人間とは不思議なもので、意外に忙しい時の方が仕事もスムーズにはかどり、充実した日々を過ごすことが出来る。逆に暇なときほど体調を壊したり、つまらないミスを犯してしまう。よく「理事長は忙しくて大変だね」とご心配の声を頂くが、最近では仕事もJCも楽しんでやっている。
 さて、その多賀城での打合せだが、行き先はポリテクセンターであった。用件は「平成17年度全国溶接競技会みちのく宮城大会」について。斯界の話で恐縮だが、これは社団法人日本溶接協会が、溶接技術のレベルアップと普及を目的に毎年各県持ち回りで開催している大会である。溶接技術の最高峰を競う大会だけあって、参加選手の所属企業も三菱、東芝、日立、トヨタ、マツダ、コマツ等、世界に名だたるキングメーカーが並ぶ。この大会が今年、宮城で開催される。私は宮城県支部の実行委員として大会式典と懇親会を担当する。JCで培ったものが意外な所で役立つこととなった。幸い支部には白石JC専務理事の猪股君も所属しているので非常に心強い。二人三脚で頑張っていきたいと思う。
 この大会には各県大会で優勝した選手が出場するのだが、当社の社員も通算3度目の優勝を果たし、再び大企業と肩を並べて競技させて頂く機会を得た。大企業はこの大会で優秀な成績を修めるべく、出場選手には潤沢な練習時間と設備を与えている。その結果が企業の権威と威信に結びつくからだ。しかし、うちの会社はいわゆる“町工場”。それこそ日常業務が終わってからの僅かな練習時間とそこそこの設備で頑張っている。だからこそ価値がある。経営規模からすれば蟻と象だが、技術面では対等に肩を並べることが出来る。「大企業に負けない技術力」これが当社のオンリーワンだ。きっと皆さんの会社にもオンリーワンがあると思う。これらを積極的に結びつけていくことが、石巻地域の産業に対して何らかの起爆剤とはならないだろうか?
 ビジネスネットワーク委員会では、こうしたことを考えていくきっかけとなる勉強会を準備している。ぜひとも多数のメンバーに参加して頂き、JCからイノベーションを起こしていこうではないか。

« 春へ向けて動き出す | トップページ | オンリーワンを携えて »

仕事」カテゴリの記事

コメント

御呼びの様でしたのでお邪魔させて頂きます。(^^ゞ
何時も大変お世話になっております。
協議会のお手伝いについて、出来る事があれば何時でもおっしゃって下さい。
是非大会を成功させましょう!

JCに関する話題でなくてすみません。
明日の会員会議所会議ではよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77266/3143040

この記事へのトラックバック一覧です: 我々からのイノベーション:

« 春へ向けて動き出す | トップページ | オンリーワンを携えて »