フォト

プロフィール


  • 後藤 春彦
    昭和42年、東京生まれの石巻育ち
    <現職>
    株式会社宮富士工業 専務取締役
    石巻まちづくりギルド 代表
    <略歴>
    平成元年より10年間、(財)石巻市文化振興公社に勤務。この間、鈴木雅之、中山美穂、NHK交響楽団、松竹大歌舞伎等アーティストの石巻招聘や地元文化団体のサポート、舞台演出を手掛ける。
    平成5年、社団法人 石巻青年会議所に入会。平成17年、理事長に就任。平成19年12月、満40歳をもって退会(卒業)。
    現在は、プラント設備製造会社勤務。かつてはその傍らラジオDJや各種イベントでのMC、ブライダルMC等の活動を行っていた。
    続きは以下リンクへ

2017.05.01

春うらら

ちょっとひと休み…

Img_4162

2016.06.25

変革の為に一歩前へ(私が手話を始めたワケ)

これは石巻市ボランティア連絡協議会の会報に石巻手話勉強会の一員として寄稿したものです。

*******************************************************************************

 きっかけは、とある大学の研究施設で出会った学生の一言だった。
日本の最高学府のひとつであるその大学ではバリアフリーに関するあらゆる研究がなされていて、ここぞとばかりに成果品がズラリならんでいた。
様々な障害に対応した機器類に目を奪われていると、傍らで一生懸命説明していた学生からふと「手話はやらないんですか?」と訪ねられた。
私は脳卒中後遺症から右半身に麻痺障害があり「片手じゃあ手話は無理でしょう」と彼に動かぬ右腕をさすって見せた。頭の中には両手を駆使して言葉を伝えるテレビの手話ニュースの様が浮かんでいた。
しかし、彼は考え事をするように小首を傾けながら左手を何やらクルクルと動かした後、パッと明るい表情になり「あ、片手でも工夫すれば充分出来ますよ」と。若者の頭は柔軟だった。後に分かるのだが、両手が必要な表現も形や順序を変えたりすれば伝わるらしいのだった。結局、私は彼の声に背中を押され、以後石巻で手話を学べる場を探すことになる。
そして昨秋、人を介してやっと石巻手話勉強会へと辿り着く。まずは、指導役の方から簡単な挨拶や五十音を指の形で示す指文字、数字の数え方等を教わる。そこまでいくと後はろう者の方を交えて会話の実践編。ここで手話語彙の少なさに辛くなる時もあるが、予習復習で次第に世間話ならなんとか出来るようになっていく。後はひたすら実践的会話で覚える。  この私の挑戦には意味がある。自身が障害者となり、これからずっと家族や世間のお世話になって生きてくんだろうと思ってしまった弱い心に打ち勝つ為であることと、障害者が障害者のために敢えてボランティアをする姿で社会の不理解と戦う為でもある。
踏み出さなければ自己も社会も何も変わらないのだ。

2016.03.13

仰げば尊し

Img_2381

本日学校評議員を務めている関係で母校石巻中学校の卒業式に来賓としてお招き頂き参列してまいりました。

皆様、次第十「答辞」あとの合唱にご着目ください。

ナント!あの「仰げば尊し」があるではないですかっ!

最近の流行歌を歌う風潮の昨今、この古風さにはある意味清々しさすら感じられます。

しかも、一番を卒業生が唄い、二番は在校生と共に、そして三番は美しいハーモニーで唄うといった憎らしい演出まで!

これで泣いてしまう子が続出、しかも断然に男子が多いの!

オジサン、これにはウルッと来ましたね。

続いて全員で唄った石巻中学校校歌の歌詞の美しいこと美しいこと。

小高い山の上にある校舎からは、いつも故郷の海や全景が望めました。

今は失ってしまった全てが言葉の中にちりばめられていて、かつての石巻を思い出さずにはいられませんでした。

作詞された「芳賀秀次郎」さんは、ネットで調べればWikipediaにも出てくる高名な教育者で詩人であったそうで、栄誉ある数々の賞を受賞されている方です。どおりで言葉が美しい訳だ。

三番までしっかり唄わさせて頂き、今夜は本当に気持ちよく眠れそうです。

思い叶わなかった、あのコの横顔でも思い出しながら(笑)

2015.01.05

新年明けましておめでとうございます。

どなたさまも健やかなる年の始まりであることを祈念致します。 さて、私は忌まわしい発病から丸5年を数えリハビリテーションも順調に進み日々元気に暮らしております。 最近は、faceBookの方への投稿に止まる程度でしたが、今後は活動もガンガンいきますので!ブログの更新も頑張っていきます! さて、何を?ガンガン?てな向きもあるかと存じますが、今までは震災後に派生したNPO等 非営利団体の皆さんに遠慮していた感もありますが、でもこれからは本来の石巻を知る人達が頑張っていかないと自立した"まち"にはならないと思うのです。 これを新年の所感として2015年走っていきたいと存じます。今年は何事もなく良い年になりますように…。

2014.09.13

障害者の歩き方

こんな事件がありました。
44歳男を聴取 全盲女生徒負傷事件で 埼玉県警
本当に痛ましい事件で、絶対にあってはならないことです。 障害者に対して配慮する社会であって欲しいですね。 …と、優等生的に書いちゃえばこんなとこなんでしょうが 四年程障害者を経験した私は(今もです)、もっともっと酷い体験をしました。 ・杖に自分の足が引っかかったっと、因縁つけられるなんて日常茶飯事。
・よけろっ!とか、道歩くなっ!と怒鳴られたりするのはザラ。
・報復として、杖をさらに大きく蹴られる、唾をかけられるなんて事も。
・最近は、歩きスマホの人も怖いです。脇目も振らず突進してくるので。
・あと、ちっちゃいお子さんは一番怖い。何も考えないでタックルしてくるから。
 こっちが怪我しちゃう。  
 でも、そんな子供達に親は注意するどころか
 「コラッ!ぶつかったら○○ちゃんがケガするでしょー」だって
 つーわけで、この状況は伝承されてくのです。 こうした経験から、思うに、結局障害者だからと言ってなにも社会の中で特別な存在ではなく
自分の身は自分で守る術を覚えていくしかないのでしょう。
・人の流れに乗って歩く。流れに乗れないのであれば
 流れが切れるのを横にそれたりしてスタートする機会をじっと待つ。
・杖が当たらないようにこちらが気をつける(全盲の方は難しいのでしょうが)
というわけで大勢の中を歩く時は前後左右に注意を払いながら、自分の身の処し方を考えながら歩かなければならないのです。

それが現実なのです。

«残念なこの国の報道